SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTT Comとオムロン、地球環境に配慮したモノづくりの実現に向けソリューションを共同開発

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)とオムロンは、製造業DXに向けた共創を10月3日より開始。NTT Comの専門とするIT領域の技術と、オムロンの専門とするOT(ファクトリーオートメーション)領域の技術を連携させることで、地球環境と共存したモノづくりの実現を加速させるソリューションの開発および提供を目指すという。

 製造業では、多様なニーズへの対応や、高いQCD追求だけでなく、「地球環境」の保全と共存したモノづくりの実現といったSDGs達成に向けた取り組みが急速に求められている。製造現場におけるCO2排出量などのデータは、自社工場やサプライチェーン各社の複数システムがOT領域に保持しているという。モノづくりにおける脱炭素化の実現に向けては、それらのOT領域のデータを、IT領域の技術を活用しデータ主権を保護しながらサプライチェーン全体で共有できる仕組みを作り、製造工程におけるエネルギー効率の向上などに活かすことが必要だとしている。

 両社は、2021年度より、データ主権を保護しながら国内外の組織間で安全なデータ共有を実現する、日欧連携共同トライアルに取り組んできた。これまでは、「Gaia-X」で使われる「IDSコネクター」を用いた相互接続検証を行ってきたが、今回この取り組みを拡大するという。具体的には、オムロンの持つモノづくり現場の自動化技術や経験、制御機器と、NTT ComのICTインフラを連携させた実験環境を両社共同で構築。OT領域のデータを、データ主権を保護しながらサプライチェーン全体で共有できるソリューションの開発および提供を進めるとしている。主な取り組み内容は以下のとおり。

欧州の各種データ連携基盤との相互接続を可能とするデータ連携プラットフォームの実用化

 NTT Comのデータ利活用プラットフォーム「Smart Data Platform」や、NTT ComとNTTデータが開発するデータ連携プラットフォームを活用することで、「Catena-X」「SCSN」など欧州の各種データ連携基盤との相互接続を実現。データ主権を保護した上でCO2排出量などの国際データ連携が可能な同プラットフォームの実用化と、同プラットフォームを活用したソリューションをIT領域で提供するという。

IT領域とOT領域を安全につなぐ相互接続検証

 製造業各社の製品や生産に関するOT領域のデータを企業間で共有するために、IT領域に位置するプラットフォームと、OT領域に位置するコントローラーを安全に相互接続する。5Gなどのモバイル系ネットワーク、グローバルネットワーク、エッジコンピューティングサービス「SDPF Edge」「withTrust」と、オムロンのコントローラーを接続し、生産工程で把握した原材料の種類やエネルギー消費量、品質などのデータを精緻に収集、分析、活用できる仕組みを共同で検証するとしている。

高い生産性とエネルギー効率を両立したモノづくり現場の実現

 自動化ソリューションをOT領域で提供することで、高い生産性とエネルギー効率の両立を支援。生産現場の設備の稼働率や制御方法の最適化により最小化されたカーボンフットプリントを精緻にデータ化し、CO2排出量の削減・可視化を可能にしていくとのこと。また、資源循環に向けた各資源の使用状況や廃棄状況の可視化と、再利用促進の実現に向けた共同での技術検証を開始するという。

共創のイメージ図<br/>[画像クリックで拡大表示]
共創のイメージ図
[画像クリックで拡大表示]

 NTT Comとオムロンは今後、上記取り組みを製造業を中心とする顧客にワンストップで提供し、ITとOT領域のトータルな課題解決を目指すという。また、同プラットフォームをグローバルな製造業向けシステムやクラウドの接続に拡大させ、すべての製造業が国際標準インターフェイスに対応しグローバルに成長し続けることを支援するとしている。

【関連記事】
NTTコミュニケーションズ、シスコとVMwareの製品を活用した「Managed SDx」を提供へ
沖電気工業とNTTコミュニケーションズ、「コンタクトセンタークラウドサービス」を構築
NTTコミュニケーションズ、製造業のDXを支援する「Smart Factory」を推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16737 2022/10/05 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング