SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

コスト削減とコンプライアンスを両立するIT資産管理

IBMが新製品を発表

「TAM for IT V7.2」は、企業が持つあらゆるIT資産を、初期要求から承認、調達、契約、受領、導入、設置、移動、追加、変更、そして廃棄まで、そのライフサイクル全体を通して効率的に追跡管理できる製品。

今回新たにソフトウェア・ライセンス管理機能が追加され、ライセンスの使用許諾と現状の比較、過不足確認などライセンスに関する資産管理も可能となった。

また、「TAD for z/OS V7.2」は、IBMのメインフレーム向け独自OSであるz/OSおよびそのアプリケーションの使用量をモニタリングできる製品。z/OS製品は、多くのユーザーおよび組織によって共有されていることが多いため、使用状況の把握が困難だったが、本製品を活用することによって可視化でき、使用されなくなったz/OS製品を検出するなど、過大な投資を抑制し、コスト削減につなげる。また、使用量がライセンス条件に準拠しているかどうかの判断も迅速に行うこともできるため、コンプライアンス対応としても効果が期待できる。
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1698 2009/07/31 16:19

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング