SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

営業が喜ぶ「顧客データ」活用をどう進める、SFA/CRMに蓄積されたデータに頭を抱えている方必見!

 翔泳社 EnterpriseZine編集部は、2022年12月8日にデータカンファレンス「Data Tech 2022」を開催します。

 同カンファレンスは年に一度編集部主催で開催している、企業のデータ利活用の促進に向けたものであり、今年は「データ活用を実装するとき~持続可能な成長戦略を練る~」をテーマに豪華講演者を招へい。企業講演では、Sansan Sansan Unit Product Marketing Manager 中西勇樹氏が「営業生産性を向上させる顧客データ活用~今あるデータを事業成長につなげる方法とは~」と題して、SFA/CRMなどのITツールに蓄積された自社顧客データの活用法について、営業生産性という視点を交えながら解説します。

 コロナ禍も3年目に突入し、気がつくと営業やマーケティング活動に“ITツール”は欠かせない存在になっています。DXやデータドリブン経営の実現に向けて「データ活用」を考えるもののSFA/CRMなどから“自社の顧客データが蓄積されているだけ”という担当者の方も少なくないのではないでしょうか。

 そこで講演では、ただ単に顧客データの活用を考えるのではなく、ビジネスに寄与できる「営業生産性の向上」という視点をもちあわせた活用方法を考えていきます。名刺管理ツールとしても導入企業数が多いSansanから中西勇樹氏を招き、陥りがちな課題を挙げながら「顧客データのあるべき姿」をわかりやすく解説します。 IT部門の方はもちろん、間接部門の方など、皆さまお誘いあわせの上でご参加ください。

Data Tech 2022 データ活用を実装するとき~持続可能な成長戦略を練る~

【企業講演】営業生産性を向上させる顧客データ活用
~今あるデータを事業成長につなげる方法とは~

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17000 2022/12/01 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング