SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

デル・テクノロジーズ、「PowerStore」のセキュリティ機能強化など発表

 デル・テクノロジーズは、ストレージポートフォリオ全体にわたり、サイバーレジリエンスの強化、エネルギー効率の向上、自動化の推進を発表した。同社は、「PowerStore」ソフトウェアのセキュリティ機能強化によって、サイバー攻撃に対する保護、防御、回復能力を高めるゼロトラスト戦略を促進するという。

製品写真
製品写真

 今回強化したソフトウェアセキュリティの主な機能は、以下のとおり。

  • STIGへの準拠:STIGは、米連邦政府および米国防総省が規定する構成標準を満たすガイドライン。STIGへの対応により、米国の連邦ネットワークおよび世界中の政府機関で必須となっているNIST(米国立標準技術研究所)CSF(サイバーセキュリティフレームワーク)標準に対するPowerStoreの準拠性が高まるとのこと。STIGモードは政府機関以外での使用はできないが、基礎となるセキュリティ技術の多くは一般企業でも使用可能
  • セキュアスナップショットによる安全性と不変性:有効期限前のスナップショットの不正な削除や変更を防御
  • ファイルに対する権限設定の効率化:ストレージ管理者は、PowerStoreからアクセスを直接管理できるようになり、セキュリティ脅威に対応可能
  • ファイルレジリエンス(回復性)の強化:システムあたり最大4倍のスナップショットにより、保護ポイントをユーザーに提供。必要に応じてデータを回復することが可能
  • MFA(多要素認証):ユーザー識別情報の検証を強化し、PowerStoreへの管理アクセスを安全に保つ

 また、新たな自動化およびマルチクラウドの先進機能によって、運用コストとエネルギーコストを削減できるという。今回強化した自動化およびマルチクラウドの主な機能は、以下のとおり。

  • 「Dell PowerProtect」とのネイティブ統合:PowerStoreが、データ保護ソリューションに統合されたことで、マルチクラウドへのデータ保護が可能。バックアップは、直接PowerStoreのユーザーインターフェースから設定でき、バックアップデータ削減、「DD Boost」テクノロジー、その他の機能も利用できるとのこと。また、オンプレミスの容量が軽減され、電力と冷却のコストを削減可能
  • DevOpsワークフローの強化:AnsibleおよびTerraformとの統合、また「Dell Container Storage Module」のアプリケーションモビリティー機能によって、ストレージを自動化。PowerStoreは、DevOps担当者に使いやすいストレージ自動化ツールだけでなく、ローレベルコーディングやヘルプデスクのサポートを必要とせずに、ストレージの自動化プロセスを提供

 なお、同社は、PowerStoreだけでなく、ストレージポートフォリオ全体にわたって、新たなソフトウェアイノベーションを提供すると発表。「Dell PowerStore」および「Dell ObjectScale」の新機能は2023年6月より、「Dell PowerFlex」の新機能は2023年第3四半期(8~10月)より、全世界で提供開始予定だとしている。

  • Dell PowerMax:運用環境のエアギャップによって、サイバーセキュリティを強化。サイバー攻撃を受けた場合も、本番データを復元可能
  • Dell PowerFlex:強化されたNVMe/TCPとセキュリティを提供
  • Dell ObjectScale:エンタープライズS3オブジェクトストレージにおける高速なパフォーマンスを実現
  • Dell CloudIQ:AI/ML主導型のパフォーマンスと容量分析、VMware統合を支援。ITとDevOpsの簡素化を加速
  • Dell Unity XT:Ansibleサポートを拡張することで、ストレージの自動化を推進し、コスト削減、エラー低減、生産性向上をサポート

【関連記事】
多くの組織がイノベーション戦略に懸念か──デル・テクノロジーズ調査
大分三愛メディカルセンターがデル・テクノロジーズのソリューションを採用 各種業務のデータを一元管理に
約半数のITリーダーがDXに必要なことを理解も、課題に直面か──デル・テクノロジーズ調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17776 2023/05/22 18:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング