SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CSGとしての「Citrix」と「NetScaler」は、シナジー活かしたシェア拡大へ

 2022年9月にCitrix Systems(以下、Citrix)は、TIBCO Software(以下、TIBCO)と合併。Cloud Software Group(以下、CSG)傘下に入ったことは記憶に新しい。2005年にNetScalerを買収するなど、長きにわたって仮想化の分野における雄として存在感を見せてきた同社は、どのような再スタートを切ったのか。シトリックス・システムズ・ジャパン 代表取締役社長を務める萩野武志氏は、「日本の顧客の声を聞きながら、新たなGo To Marketモデルを策定して進めている」と話す。

シトリックス・システムズ・ジャパン 代表取締役社長 萩野武志氏
シトリックス・システムズ・ジャパン 代表取締役社長 萩野武志氏

 CSGとしてのシナジーを発揮しながら従来路線は継承しつつも60社、グループ会社を含めて約250社ほどのエンタープライズ規模の重要顧客を中心に経営リソースを投下。他のターゲティング企業については、パートナー企業とともに支援策を拡充していくとする。また、Citrixとしては、クライアントの仮想市場においてグローバルシェアを約34%、NetScalerではネットワークトラフィックの約60%を有しているとして、20年以上にわたり両社で活躍してきたタレントを活かしながら変わらず寄与していくと強調。顧客も含めた形で三位一体となってビジネスをリードするだけでなく、これまで以上にグローバルチームとの連携を強化していくことでエンゲージメントも高めていくとした。

 また、CSG内におけるCitrix BUでGeneral Managerを務めるSridhar Mullapudi氏は、コロナ禍を経てハイブリッドワークにおけるインフラの重要性が理解されて始めている中、ワークロードやID管理、モバイルやデスクトップなどデバイスの多様化、マルチ/ハイブリッドクラウドの浸透など、あらゆる局面で“ハイブリッド化”が見られるようになり、その複雑性に対応できる点でCitrixが選ばれていると話す。

 エンドポイントにおける連携アプリケーションや対応クライアント数はもちろん、NetScalerを含めたネットワークソリューション、従来から支持されているデスクトップ仮想化(VDI)など、一気通貫した形で課題解消に寄与できるという。たとえば、ZTNAを実現するための「Citrix Secure Private Access」であったり、セキュリティ管理機能を強化しているWebブラウザ「Citrix Enterprise Browser」などにより、アプリケーションなどへのセキュアなアクセスを確保できるとする。他にも、Citrix Platformから得られるセッションデータやクライアントデータなどを基に、トラブルシューティングやパフォーマンス、セキュリティリスクの分析などに活用できるだけでなく、テレメトリデータやログなどからBIツールによる分析にも利用可能だとした。

Citrix BU General Manager Sridhar Mullapudi氏
Citrix BU General Manager Sridhar Mullapudi氏

 なお、CSGやCitrixとしても重要性を訴えるNetscalerは、2022年に「Citrix ADC」から「Netscaler」ブランドに回帰しており、Netscaler General ManagerのAbhilash Verma氏は「Netscalerというブランドに戻ったことで、ユーザーからの歓迎の声も聞く。買収以来、Citrixの課題解決にフォーカスしていた部分もあったがビジネスユニットとして独立性が増したことによりカバーできる範囲が増えている。もちろん、Citrixへのコミットメントが変わるということはないが人員を増やすことができるため、これまで以上に手厚いサポートやソリューションを提供できるようになった」と述べる。

Netscaler General Manager Abhilash Verma氏
Netscaler General Manager Abhilash Verma氏

 最後に同氏は、CitrixやNetscalerという個々のブランド価値を活かしながらも、CSGにおけるシナジーを発揮して顧客課題に解決していきたいとした。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

1993年福岡県生まれ。京都外国語大学イタリア語学科卒業。ニュースサイトの編集、システム開発、ライターなどを経験し、2020年株式会社翔泳社に入社。ITリーダー向け専門メディア『EnterpriseZine』の編集・企画・運営に携わる。2023年4月、EnterpriseZine編集長就任。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18307 2023/08/31 11:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング