SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

デロイト、生成AIの利活用促進に向けオルツと協業開始 国内金融機関を対象にLLM構築推進へ

 デロイト トーマツ コンサルティング(以下、デロイト トーマツ)とオルツは、クライアントの課題を解決するための生成AIの利活用促進について共同で取り組みを開始すると発表した。

 オルツは、パーソナル人工知能(P.A.I.)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実用化を行う企業。両社は具体的な取り組みとして、まずは国内金融機関を対象に「AIクローンを活用した社員の生成AIリテラシーの向上」「生成AIの実装に向けた企業ごとの個別大規模言語モデル(LLM)の開発」「生成AIを活用した新たな顧客体験の創造」の3つのテーマでソリューションの提供を共同で推進するとしている。

 両社は、AIクローンを活用した社員の生成AIリテラシーの向上に向けて、独自の人材開発プログラムにAIクローンを活用。具体的にはデロイト トーマツの生成AIに対するナレッジをベースとした一般社員向けのコンテンツを開発するとともに、オルツの有するaltBRAINを活用するという。

 また、生成AIの実装に向けた企業ごとの個別LLMの開発に向け、まずは生産性向上の余地が高いと考えらえる日本国内の金融業界を対象にLLM構築を共同で推進するとのことだ。金融機関ごとに個別LLMを開発することで、情報流出のリスクを払拭しながら各機関固有の業務データを学習させ、個々のニーズ合う生成AI活用の推進、生産性を向上に結び付けるという。

【関連記事】
ServiceNowとデロイト、テクノロジー業界へキャリアチェンジを目指す女性を募集中
日本の行政デジタルサービスの定期的な利用率は14%──デロイト トーマツが調査結果(翻訳版)を発表
渋谷区、新たな職員用ポータルサイト運用──デロイト トーマツとServiceNow Japanが構築

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18828 2023/11/27 18:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング