SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本オラクル、企業の「グローバル・ミニマム課税」への対応を支援 デロイト トーマツ グループと協業

 日本オラクルは、グローバルに事業を展開する日本企業のグローバル・ミニマム課税(国際課税制度改革の第二の柱「Pillar Two」)への対応を支援する施策を発表した。

 今回の施策は、オラクルの経営管理ソリューション「Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)」に新機能を追加し、デロイト トーマツ グループの導入サービスと連携することで、今後、適用が開始されるグローバル・ミニマム課税に備える企業の業務を支援するもの。両社のソリューションを組み合わせることにより、複雑な税務プロセスや報告書作成業務を簡素化でき、プロセスが自動化されるという。

 新しいグローバル・ミニマム課税により、事実上15%の最低税率が全世界で適用されることになり、大規模なグローバル企業の財務プロセスや運営体制に影響が生じるとしている。Oracle Cloud EPMの新機能には、経理・財務部門が複雑な税務プロセスを合理化できる以下の機能が含まれるとのことだ。

  • グローバル・ミニマム課税に関するデータの収集と管理
  • グローバル・ミニマム課税 タスク・マネージャー
  • グローバル・ミニマム課税により生じる納税額の予測とモデリング

【関連記事】
KDDI、クラウド基盤の統合課金メディエーションパッケージ採用 NEC・日本オラクルと連携
日本オラクル、HIDの「総合行政システム」モダナイズを支援 OCI活用でクラウドネイティブ化へ
日本オラクル、11月1日より期間限定で日本国内ユーザー向け無償資格取得プログラム提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19201 2024/02/13 12:41

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング