SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

JR東日本、「BtoBプラットフォーム 請求書」導入で月50時間かけていた発送作業を自動化

 インフォマートは、同社が提供する「BtoBプラットフォーム 請求書」が、東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)に導入されたことを発表した。

 JR東日本グループでは、グループ外との取引において、基本的に紙の請求書を発行し郵送していたため、その通数は月約5,000通に上り、毎日200通ほどの請求書を3時間近くかけて作業していたという。紙で受領した請求書は、記載事項を同社のワークフローシステムに入力してデータ化し、請求書類はスキャンしてPDF化して会計データと紐づけ、原本を保管していた。そのため、膨大な紙請求書の保管場所確保についての課題や、入力ミスや請求書紛失による決算漏れのリスクがあったとしている。

 そこでJR東日本はBtoBプラットフォーム 請求書を導入。JR東日本グループの約40社では、既に同サービスを導入しており、その導入実績も参考にしたという。導入による効果は以下のとおり。

  • 月50時間かけて行っていた発送作業のほとんどが不要に:発行に関しては、紙で送る必要がある個別の請求書以外ほぼ自動化となり、封入などの手作業がほとんど不要となった。再発行が必要になっても、従来のようにデータを探して再出力という手間が不要になり、画面上で完了
  • 「書式追加機能」を利用し、稟議に紐づけて効率よく処理:書式追加機能を利用して請求ごとに発番する識別番号を入力必須にし、ワークフローシステムで管理している稟議に紐づけることで効率的な処理を実現

 JR東日本は今後、バックオフィス部門だけでなく、駅社員や乗務員などが所属する現業機関にもBtoBプラットフォーム 請求書を拡げていきたいとしている。

【関連記事】
8割以上の自治体が契約書などを「ほとんど紙で受け取っている」と回答──インフォマート調査
インフォマート、企業のデジタル化状況を5段階で判定するコンテンツ発表 バックオフィスの業務効率化へ
インボイス制度で一番苦労していること、第1位は……【インフォマート調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19549 2024/04/11 15:35

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング