SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Fastly、ボット攻撃をエッジで阻止するソリューション発表 不正行為のリスクを軽減

 Fastlyは、自動化されたボット攻撃をエッジで阻止し、詐欺やDDoS攻撃、アカウント乗っ取りなどを含むオンライン上の不正行為のリスクを軽減する「Fastly Bot Management」を発表した。

 Fastly Bot Managementは、自動化された悪質なトラフィックからWebサイトやアプリケーション、および重要なデータを保護。悪質でないボットと悪質なボットをネットワークエッジで分類し、サーバー側とクライアント側で緩和対策を講じるという。同ソリューションの特徴は以下のとおり。

  • 不正行為やリソースの悪用を削減:アカウント乗っ取りやカーディング攻撃など、不正行為を助長する悪意のあるボットを自動的に特定し、多層的なアプローチで阻止する。エッジにデプロイしてルールを実行し、正当な顧客からのリクエストにのみトラフィックを提供することで、オリジンのコストを削減可能
  • カスタマーエクスペリエンスの保護:エッジベースのソリューションにより、レイテンシを低減。アプリケーションのパフォーマンス維持を支援しながら、チャレンジフローなどクライアント側の機能によって購入プロセスをスムーズにし、コンバージョン率の向上を促進
  • ボット対策・アプリケーションセキュリティ・配信サービスの統合:開発者が使いやすいコンソールを通じてデプロイし、攻撃を阻止

【関連記事】
攻撃により収益の9%を損失か──Fastlyがサイバーセキュリティに関する調査を発表
Fastly、新たなサービス価格とパッケージ発表 定額制追加など企業ニーズに対応
全世界の7割の企業がサイバーセキュリティへの投資を拡大と回答──Fastly調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19589 2024/04/22 16:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング