SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本インフォアがIFRS対応の複数元帳機能「Infor Advanced General Ledger」を発表

1つの会計データから複数の会計データを自動生成する複数元帳機能を追加

「Infor AGL」は、既存の会計システムに複数元帳機能を追加するためのアプリケーション。インフォアのサービス指向アーキテクチャ(SOA)戦略である『Infor Open SOA』のコンポーネントとして提供される。

IFRS適用時のシステムでは、企業の各拠点における税務基準ベースの報告だけでなく、IFRS向けに連結ベースの報告も行う必要があり、1つの会計データから複数の会計データを自動生成する複数元帳機能の需要が急速に高まっている。日本インフォアによれば「ERPの会計モジュールや会計パッケージ・システムの中に複数元帳を管理する機能が組み込まれている場合もあるが、異なる元帳への自動転記や勘定科目コードの自動組替えがサポートされていないことが多く、ユーザー企業への負荷が大きくなっていた」という。

「Infor AGL」は、こうした課題を解決するため、勘定科目体系・会計期間・通貨の異なる複数の会計元帳を定義し、1つの会計データから複数の会計データを自動生成してそれぞれの元帳に保持する複数元帳機能を提供。これにより、既存の会計システムに手を加えることなく、IFRSにも短期間で対応できる。また、仕訳明細ごとに最大で30種類の分析用コードを保持することができるので、これを仕訳データを分類・集計することで、IFRS適用企業における様々なセグメント分析も行うことが可能だ。

なお、「Infor AGL」は、『Infor Open SOA』コンポーネントのビジネスイベント連携アプリケーション「Infor On-Ramp」を活用することにより、インフォアの会計管理システム「SunSystems」やERPシステム「Infor ERP」だけでなく、他社の会計パッケージやERPなどと連携して使用することもできるとのこと。

「Infor AGL」は現在、米国や欧州で先行して限定出荷されており、2010年2月末には日本語版を含めた正式出荷をワールドワイドで予定しているという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1966 2009/11/06 17:57

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング