SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

富士通SSL「Webサイトソリューション」を強化・拡充

「WebXPortal」の販売開始と、「WebコアEnterprise」を機能強化

今回の機能強化では、同社が従来から取り扱っている製品「WebコアEnterprise」「Webコア・コンテンツガード」「Shunreader RSS Enterprise」などと、新規販売商品「WebXPortal」を組み合わせ、利用者が意識することなく安全かつ手軽に情報を得られるWebサイトの構築を支援していくという。

新製品「WebXPortal」は、利用者が見たいサイトのURLやRSSを画面上に指定するだけで、簡単に個人専用のポータルページ「Myページ」を作成するツール。「Myページ」とは、社内・社外のWeb上に散在するさまざまな情報から、利用者自身が必要な情報を集めてレイアウトすることのできるページ。「Myページ」を作成することにより、利用者は短時間で効率的に情報収集することができる。また、社内にすでに存在する複数の検索エンジンに対し一括検索を行うことができるので、情報収集の手間を省くことができる。既存の情報をそのまま活用することができるため、短期間での導入が可能で、当社開発商品のため、カスタマイズにも柔軟に対応できる。

販売価格は、基本パッケージ(1サーバ1CPUまで、登録可能なポータルテンプレート3つまで)で、1,980,000円。年間保守費が297,000円。

一方の「WebコアEnterprise」は、ホームページ上で公開するすべてのWebコンテンツの運用・管理を行う自社開発のWebコンテンツ管理システム。Webサイトのコンテンツ作成、編集から承認、公開までの作業の流れをノンストップでサポートし、公開コンテンツの履歴を管理する。HTMLなどの専門知識がなくても、統一されたレイアウトに情報を入力するだけで簡単にWebページを作成できるほか、公開サーバへのコンテンツをスケジュール配信するなどの機能を持っている。

今回の機能強化では、従来の「WebコアEnterprise」に比べリンクや文字列のチェック機能、さらに操作性を向上。リンクチェック機能によるリンク切れコンテンツの公開防止や、文字列チェック機能による使用禁止文字の自動置換、コンテンツ間リンクチェック機能による不要素材の一括削除などの機能が追加された。

販売価格は従来通りの、10ユーザー対応、480万円。既に導入済みで保守契約をいただいているユーザーは、バージョンアップ作業費用のみで利用できる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1975 2009/11/09 17:09

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング