SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBMがクラウド向けのシステム管理ソフトを発表

「IBM Systems Director VMControl System Pools for Power Systems V2.2」で資源のプールを構築し総量を最適化

本製品は、複数のサーバーのIT資源を集中管理し、1つのインタフェースから管理。管理者は、一つの画面で、あるサーバー上で稼働する業務アプリケーションに対して今後資源不足が見込まれることを把握したり、そのアプリケーションを資源豊富な別のサーバーに移行させることができる。

これにより、データセンター全体のIT資源を単一システムとして一括にまとめて資源のプールを構築し総量を最適化することで、資源の利用率を高められ、投資の抑制が見込める。また、業務を一部のサーバーに集中的に配置し、業務の無いサーバーを停止して保守・点検するなど、データセンターのメンテナンスの効率UPも期待できる。社内に点在するIT資源の総量を一括管理することで、管理コストの最適化も可能だ。

本製品は、サーバーやストレージ、ネットワークの管理ソフトウェアである「IBMSystems Director」のプラグイン・ソフトウェアであり、オペレーティング・システム「AIX」を搭載のIBMのUNIXサーバー「IBM Power Systems」および「IBM
BladeCenter」をサポート。日本IBMおよびIBMビジネス・パートナー経由で販売されるという。

また今後、本製品はIBMのメインフレーム用仮想化OSであるz/VM (R) やx86サーバー用仮想化OSおよび他社UNIX OSにも来年以降、順次適用していく予定。ストレージやネットワークも含めた一元管理にも対応していくとのことだ。

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1977 2009/11/10 15:32

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング