SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

デル、XeonプロセッサーE3-1200を搭載可能なエントリ向けサーバーを発売

 デル株式会社は4月21日、インテルの「XeonプロセッサーE3-1200」を搭載可能なエントリ向けサーバー2機種の販売を開始したことを発表した。

デル株式会社 
ラージ・エンタープライズ マーケティング
サーバ・ブランド・マネージャ 一志達也氏
デル株式会社 ラージ・エンタープライズ マーケティング サーバ・ブランド・マネージャ 一志達也氏

 同社が発売したのは、タワー型サーバー「Dell PowerEdge T110II」(以下、T110Ⅱ)および1Uサイズの19インチラックマウント型サーバー「Dell PowerEdge R210II」(以下、R210Ⅱ)の2機種。両製品は、「Dell PowerEdge T110」および「Dell PowerEdge R210」の後継製品で、1ソケット・モデルでインテルC200シリーズ・チップセットを採用している。

 同社のラージ・エンタープライズ マーケティング サーバ・ブランド・マネージャの一志達也氏は、今回発表した新製品の特徴として、(1)メモリー容量が従来製品の2倍(最大32GB)、内蔵HDDの搭載可能本数が、従来の1.5倍(T110Ⅱ)、2倍(R210Ⅱ)でRAID5/RAID10構成に対応可能、(2)最大25パーセントの性能向上、(3)LV( ローボルテージ)のメモリー標準搭載、低消費電力版プロセッサーの採用(R210Ⅱ)で消費電力を削減、デスクの横に置けるほどの静粛性の実現などを新製品の特徴として紹介した。

 販売価格は、OSおよび内蔵HDDが搭載なしの最小構成で「Dell PowerEdge T110II」は87,150円から、「Dell PowerEdge R210II」は113,610円からとなる。

■製品の詳細

Dell PowerEdge T110II

Dell PowerEdge R210II

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3068 2011/04/21 18:46

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング