SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CA Technologies、エンタープライズストレージ管理「CA Vantage Storage Resource Manager r12.6」を発表

「CA Vantage Storage Resource Manager」は、複雑なストレージ環境を一元管理し、ストレージ資産の完全最適化、データの保護とアプリケーション停止の防止を確保する、z/OSストレージ管理システム。プロアクティブなポリシーベースの例外管理で、ルーチンの手動機能を自動化し、トレンド分析と予測を実施するという。


リリースr12.6となったこの製品は、次のような特徴を持つという。

・インストールの標準化:CAの取り組みの一環として、標準化、自動化方法を利用し、インストール手順を簡略化

・IBM拡張アドレスボリューム(EAV)サポート:以前のリリースではサポートしていなかったIBM EAVが使用するヘッドアドレスをサポート

・zIIP の有効化:IBM System z Integrated Information Processor (zIIP) が、全てのIBM zEnterprise、System z10、System z9サーバで利用可能に

・ストレージグループコンポーネントの再構成

・DASD値分類: DASDを分類し、他の値(段階的ストレージ分析)を割り当て可能

・DFSMShsmコントロールデータセットにDCモードを有効化

・OPS/MVSハートビート: 5分間隔でシンプルなハートビートイベントを生成するよう拡張

・CA TLMSコントロール データセット(VMF)へのアクセスの大幅な性能改善

・Windowsクライアントの更新やEmailコントロールの改善

■製品の詳細
http://www.ca.com/jp/products/detail/ca-vantage-storage-resource-manager.aspx
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3315 2011/07/08 11:26

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング