SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

HDE、アプライアンスサーバー「tapirus G 2100」を発表

メール誤送信や情報漏えい対策などのメールセキュリティを1台に集約

「tapirus G」は、誤送信や情報漏えいの危険性があるメールを自動的に抽出するメールアプライアンスサーバー。送信メールを一定時間保留して送信者自身や上長が確認できるほか、メールヘッダ・本文・添付ファイルなどに対して条件を設定し合致するメールを監査すること、添付ファイル付きメールをゲートウェイでパスワード付きZIPファイル形式に自動的に変換することなどが可能だという。

ハードウェアの購入やアプリケーション、OSのインストールが不要なアプライアンスで提供されるため、低コストで導入が可能で、また、システムライセンス制であるためユーザー数を気にすることなく導入も可能だとしている。

発表によると、新バージョンの機能強化点は次の通り。

・統合型メールセキュリティ機能
 インバウンドの迷惑メール、ウイルスメール対策機能、アウトバウンドのメール情報漏えい対策、メール誤送信対策などのメールセキュリティシステムを1台のサーバーに集約して管理可能。

・ハードウェアの強化
 停電対策としてUPSとの連携が可能。インバウンドとアウトバウンドで分散していたメールセキュリティ機能を1台のサーバーに集約することで節電対策にも繋がる。

・セキュリティ機能の強化
 フィッシング詐欺対策として、アウトバウンドのドメイン認証技術DKIMに対応。SMTP-AUTH、SSL/TLSによる受信制限にも対応。

・複数台構成時の一元管理
 バックアップ/リストア、ログ閲覧、システム状況レポートなど、1つの管理画面で複数台の「tapirus」サーバーを一元的に管理。

・管理インタフェース
  管理画面のデザインを改善。

■製品の詳細
http://www.tapirus.jp/
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3328 2011/07/14 14:38

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング