SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ネットワールド、仮想ストレージソフトウェア「StorMagic SvSAN4.5」を発表

「StorMagic SvSAN」は、VMware vSphereをインストールしたサーバのローカルディスクの空き領域を、iSCSIの共有ストレージ領域として利用することを可能にするバーチャルアプライアンス製品だという。この製品により、高価なSAN/NASストレージを導入することなく、共有データストアを構築できるという。また、2台のサーバ上に作成したデータストアを同期しミラーリングを行うことで、共有ストレージが必須となるVMware HAやVMware vMotionなども利用できるとしている。

新バージョンである「StorMagic SvSAN4.5」は、VMware vSphere5環境に完全対応したという。さらに、従来版では、仮想ストレージ領域を監視するためにVMware vCenter Serverを物理サーバ上に構築する必要があったが、最新版では、仮想マシン上に構築可能となり、VMware vSphere用のサーバ2台のみでVMware環境の完全冗長化が可能になったという。

これにより、VMware vCenter Serverを本社に設置することで、本社から全ての支店、拠点のVMware vSphereとStorMagic SvSANの一括統合管理が可能になるという。また、StorMagic SvSANを使用したVMware vSphere冗長化構成は、外部ストレージを使用した環境に比べ構成要素が少なくなり、ハードウェア障害、接続ミス、消費電力、設置スペース、導入期間を削減することが可能になるという。

ネットワールドではこの製品により、流通業、小売業、製造業、医療、金融、官公庁、教育機関などの多拠点市場への堅牢な仮想化システム基盤導入を推進していくとしている。

■ネットワールドのWebページ
http://www.networld.co.jp/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3635 2011/12/05 11:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング