EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ソーシャルソフトウェア「IBM Connections」とインターフェースを統一 IBM、ソーシャル機能を追加したコラボレーションソフト「Notes9」を発表

  2013/03/12 14:00

日本IBMは、Eメールやカレンダー、掲示板のほか、承認ワークフローのアプリケーション開発機能などを提供し、企業の業務生産性向上を支援するコラボレーションソフトウェア「IBM Notes/Domino」において、企業向けソーシャルソフトウェアや基幹システムなど、外部システムから出力される各種通知を「タイムライン画面」に時系列表示し、返答や承認といった外部システム上での操作をタイムラインから実行できる機能を追加した新製品「IBM Notes/Domino 9.0 Social Edition(Notes9)」を発表した。

「Notes9」は、ユーザーインターフェースをIBMの企業向けソーシャルソフトウェアである「IBM Connections」と統一したことで、一部使用権が同梱されるConnectionsと同一の操作性を提供し、「Notes9」からソーシャル機能の活用が容易になるという。

また、ユーザーの活動状況をタイムライン表示する「Activity Stream」に対応したことで、Connections上で行われるつぶやきやさまざまな活動状況の通知のほか、SAPやCognos、TwitterやFacebookといった外部の複数システムから「承認」や「返答」を求める作業依頼の通知を1つのタイムライン画面に表示するという。

さらに、「Notes9」には外部システムを画面内に埋め込む「Embedded Experience」という機能に対応しており、外部システムでの作業をシステム毎に操作ウィンドウを立ち上げることなく、単一画面で作業ができるという。

Notesのメールやカレンダーなどの機能をスマートフォンで活用するための「Traveler」は、新バージョンにより、従来から対応しているiOSやAndroid OSに加えて、Windows PhoneやWindows RTやWindows 8 ProといったOSにも対応できるようになるという。

また、Notesでは、申請・承認のプロセスなどを実装した業務アプリケーションを開発できるが、新バージョンでは、Web技術を採用したNotesアプリケーション開発技術「XPages」の各種機能を強化し、かつオープンソースのJavaScriptライブラリー「Dojo」においてモバイルデバイス向けの機能を追加したバージョン1.7.2を提供することで、さらに利便性の高いアプリケーション開発が可能になるとしている。

「IBM Notes/Domino 9.0 Social Edition」の英語版は、3月21日からダウンロード提供を開始し、日本語版の提供は4月以降の予定だという。

■Notes/DominoのWebページ
http://www-06.ibm.com/software/jp/lotus/category/collaboration/

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5