SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立ソリューションズ、「Asakusa Framework ES版」を販売開始

ノーチラス・テクノロジーズと協業し、Hadoop上の基幹系バッチ処理の高速化サービスを提供

業務のIT化や事業拡大に伴うデータ処理量の増加によって、バッチ処理の長時間化が進んだために、バッチ処理を定期的に行えなくなったり、IT機器の増強やシステム改変などで情報システム部門に多大なコストや作業負担が増加するなどの課題が生じているという。

そのため、コスト負担を軽減し、バッチ処理時間の大幅な短縮を実現できる「Apache Hadoop」の活用に企業の関心が集まっているが、そのプログラミングには高度な専門知識や技術を必要とすることが課題になっているという。

「Asakusa Framework」は、「Apache Hadoop」上で稼働する業務システムの基幹系バッチ処理プログラムを効率的に開発するためのフレームワークだという。日立ソリューションズは、ノーチラス・テクノロジーズとのパートナーシップの下、「Asakusa Framework ES版」を提供し、バッチ処理プログラムの開発効率化、安定稼働、およびトラブルの早期解決を実現するとしている。

発表によると、「Asakusa Framework ES版」の主な特徴は次のとおり。

・基幹系バッチ処理向けに必要となるプログラム開発から、テスト環境、運用環境までトータルに提供。

・データ構造やオペレーション、プロセスをシンプルに定義し、データの結合や集計処理などのHadoop向けバッチ処理プログラムを自動生成。

・外部システムとのデータ連携やJP1などの運用ツールとの連携によって、ジョブフローのシームレスな統合を実現。

日立ソリューションズは、「Asakusa Framework ES版」の導入から一次サポートまでを提供するとともに、その実行基盤である「Cloudera Enterprise/CDH(Cloudera's Distribution including Apache Hadoop)」を組み合わせた基幹系バッチ処理システムを提供するという。

■「Asakusa Framework」の詳細
http://www.hitachi-solutions.co.jp/asakusafw/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4651 2013/03/12 18:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング