EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

国内企業のグローバル化対応に向けて富士通のInterstage帳票ソリューションで認定 DALのデータ連携パッケージ「ACMS E2X」と「ACMS B2B」が富士通の認定を取得

  2013/03/15 14:00

データ・アプリケーション(DAL)は、企業間電子商取引のグローバル化に向けた対応力強化のため、データ連携パッケージソフト「ACMS E2X」と「ACMS B2B」(ACMSシリーズ)が、富士通の「Interstage」帳票ソリューションのパートナー制度である「Interstage Enabled」におけて「Advanced」の認定を取得したと発表した。
 

今回「ACMSシリーズ」が「Interstage List Creator」の「InterstageEnabled」認定を取得し、帳票設計・生成ソフトウェアにおいてグローバル対応が進んでいる富士通と協業することにより、両社の強みを生かした連携ソリューションが提供可能になるとしている。

「ACMSシリーズ」は、RosettaNet、EDIINT AS2、ebXML、Web-EDI、E-Mailなどインターネットに対応したさまざまなデータ連携形態をサポートし、また多彩なフォーマットや文字コードの変換に対応できるため、プログラムを手組みすることなく、グローバル対応したEDIシステムを短期に構築できるという。

「ACMSシリーズ」と「Interstage List Creator」の連携のよって、次のように従来からの課題を解決することができるという。

・「ACMSシリーズ」の多彩なフォーマットや文字コードの変換により、プログラムを手組みすることなく、システムの開発期間を短縮。

・国内外の標準通信プロトコルをサポートする「ACMSシリーズ」により、データ連携の統合運用が可能。

・「ACMSシリーズ」と「Interstage List Creator」との連携により、Web-EDIやE-Mailにより帳票データ交換や取引先へのFAX送信を自動化可能。

・世界13言語に対応した「Interstage List Creator」により、海外の取引先の追加に伴ったプログラム変更が不要に。

■データ・アプリケーション(DAL)のWebページ
http://www.dal.co.jp/

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5