SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

米シトリックス、「NetScaler」に可視性を追加した「NetScaler Insight Center」を発表

トラフィックを全方位にわたって監視しビッグデータ分析機能を提供

このソリューションは、オープンスタンダードAppFlowに準じており、アプリケーションパスの中心に位置付けられた既存のネットワーキング基盤を有効活用しながら、モバイル、Web、仮想デスクトップに及ぶあらゆるトラフィックを全方位にわたって監視することができるという。これにより、データセンターのトラフィックに対し今までにない可視性とリアルタイムでの洞察を実現することのできる、ネットワークのビッグデータ分析プラットフォームが誕生するとしている。

企業によるモビリティとコンシューマライゼーションの採用が進むことで、従来型のエンタープライズアプリケーションは、クラウド、デスクトップ、モバイルなどの多彩な新アプリケーションでますます補完されてきているという。こうしたアプリケーションを複数のネットワークを介し、さまざまな種類の端末へ正常に配布するには、従来型のエンタープライズデータセンターに新たな制約を設ける必要があるという。

データセンターにあるデータ量や種類が共に増え続けるなか、IT責任者は、事業継続性を維持しつつ、拡張されたユーザー体験と高度な生産性を確保し、アプリケーションとネットワークトラフィックの監視を行わなければいけないという課題に直面しているという。企業組織は、IT部門によるリアルタイムデータへのアクセスと、多彩なアプリケーション間にまたがるコントロールを可能にするビジネスインテリジェンスの新しいアプローチを必要としているとしている。

「NetScaler」は、これまでリアルタイムな統計情報をITチームへフィードバックできる分析能力を活用し、アプリ、仮想デスクトップ、モバイルサービスの提供を自動的に最適化し、それによってコントロールを実現しているという。今回、新しい「Insight Center」のテクノロジーにより、企業組織は現行のNetScaler基盤から抽出されたデータに基づいて、リアルタイムかつ動的にポリシーを変更できるようになるとしている。

新しい「NetScaler Insight Center」で提供されるモニタリングおよびトラブルシューティングの機能は、「HDX Insight」と「Web Insight」で実現されるという。その機能は次のとおり。

・HDX Insight
 Citrix XenAppやCitrix XenDesktopを使用しているユーザーに対し、それらの環境で動作する重要なアプリケーションのモニタリングとトラブルシューティングを、コストパフォーマンスよく、使用しやすい形で提供。また、デスクトップやネットワークの管理者は、すべてのユーザー、場所、デバイスに対し、生産性向上の実現しながらSLAの維持を可能に。なお、HDX Insightの機能は「NetScaler Insight」の次期バージョンで予定されているという。

・Web Insight
 企業のWebアプリケーションの可視性を高めるとともに、IT管理者が、NetScalerによって最適化されている全てのウェブアプリケーションを監視可能に。また、NetScalerは、アプリケーションとクライアントのトラフィックを包括的かつリアルタイムに監視して問題解決を行うとともに、キャパシティプランニング用の履歴レポートも作成。Web Insightから提供されるユーザーやサーバーの応答時間といった重要な情報は、IT管理者にとって、アプリケーションのパフォーマンスや利用可能なSLAをモニタリングし改善する上で有用。

■ニュースリリース
http://www.citrix.co.jp/company/press/releases/20130326.html

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4676 2013/03/27 11:27

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング