SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ネットワールド、日本語環境に完全対応の「Citrix AppDNA 6.2」を提供開始

「アプリケーション移行診断サービス」で仮想環境などへの移行を支援

「Citrix AppDNA」は、さまざまなアプリケーションを分析し、Windows7やWindows8、仮想デスクトップCitrix XenAppなど新しい環境へ移行する際に確認が必要な互換性を診断し、移行可否判断や、移行難易度、ならびに改修の必要性や改修・設定変更箇所をレポーティングするアプリケーション移行支援ツールだという。

移行先プラットフォームを決定する前に、どのプラットフォームへの移行が最適であるかを判断可能となり、移行プロジェクトにおける調査費用と期間の削減、移行や改修に掛かる工数算出に役立つとしている。

「Citrix AppDNA」は、昨年9月にシトリックスが発表して以来、注目を集めていたが、「Citrix AppDNA 6.2」は、日本語環境に対応してダブルバイトのアプリケーションも診断可能となったことから、日本市場においても本格的に採用されることが期待されているという。
 
「Citrix AppDNA」は、各種レポート内容の意味を正しく理解して、実際に業務で使用しているアプリケーションを適切に移行するためには、Windowsや開発の知識を持つエンジニアが必要となるという。そのため、ネットワールドは、専門の技術者がいない、移行プロジェクトをより効率的かつ確実に行うために、「Citrix AppDNA 6.2」を利用した各種「アプリケーション移行診断サービス(ISMA:Inspection Service for Migrating Application)」を提供するとしている。

このサービスは、ユーザーが「Citrix AppDNA」を購入しないで、最大5つまでのWindowsアプリケーションに対し、1つの移行先を対象として、解析結果、修正箇所のレポートデータを作成する「スターターサービス」のほか、ユーザーが「Citrix AppDNA」を購入し、利用を支援する各種サービスを用意しているという。

「アプリケーション移行診断サービス」において、「Citrix AppDNA」のライセンス購入が必要なサービスは次のとおり。

・「Citrix AppDNA」インストールおよび環境設定
 ハードウェアに対して、Microsoft Windows OS、およびSQL ServerのインストールとCitrix AppDNAのインストールを実施。また、キャプチャ取得のためVMware Workstationもインストール。

・アプリケーションインポートと標準RAG画面出力サービス
 診断するアプリケーションを「Citrix AppDNA」にインポートし、標準RAG画面のレポートを提示。
 
・詳細レポーティングサービス
 アプリケーション個別の移行阻害要因と修正方法のレポートを提示。

・詳細レポーティング翻訳サービス
 「詳細レポーティングサービス」で提示のレポートを日本語に翻訳。

■ニュースリリース
http://www.networld.co.jp/news/press2013/0328.htm

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4685 2013/03/28 23:59

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング