SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

シトリックスがモバイルワークスタイルのための新製品群を発表

XenDesktop 7、XenMobile Enterprise、ShareFileが提供開始

シトリックス代表取締役社長 マイケル・キング氏
シトリックス代表取締役社長
 マイケル・キング氏

 会見に先立ち、挨拶を行ったシトリックス代表取締役社長 マイケル・キング氏は、日本における重要なテーマとして、「デスクトップ仮想化&BYOD」「ネットワーク&クラウド」「モバイルワークスタイル」の三点を挙げ、その中でも「第三世代に入ったモバイルワークスタイルがキーとなる」と語った。

 また、同社シニアバイスプレジデント兼CMO スティーブ・ダヒーブ氏によれば、「シトリックスは20年の歴史の中で一貫してモバイルワークスタイルに焦点をあててきた」という。その上でダヒーブ氏はモバイルワークスタイルのポイントとして「Workflow」「Workforce」「Workplace」を挙げた。

 新製品のXenDesktop 7について、「モバイル、シンプル、スケーラブルという3つのキーワードがある」と語るのは、同社テクノロジー&ソリューションズシニアマネージャー竹内裕治氏。

 XenDesktop 7はHDXMobile技術により、従来モバイルでの使用を考慮されていなかったWindowsアプリケーションが、モバイルデバイス上で利用できるようになった。これに加え、GPS、センサー、カメラなどモバイルデバイス特有の機能もサポートされるという。また、Mobile SDK for Windows Appsでモバイルデバイスに適したアプリケーションの開発が可能となるため、デバイス側から音声や映像をサーバ上のWindowsアプリケーションと連携させる機能が追加されている。

 「さらに、これまでの製品ではデスクトップを配信する仕組みとアプリケーションを配信する仕組みは別々に運用されるものでしたが、統合され一緒に運用することができるようになりました」(竹内氏)

 XenDesktop 7には従来のVDI、Enterprise、Platinumに加え、Appというエディションが追加された。これはサーバ共有デスクトップ機能とサーバベースのアプリケーションの利用が可能となる。また、XenApp6.5も単独で提供される。製品希望小売価格は17,100円(1ユーザー/デバイス ライセンス)、35,100円(1同時接続ライセンス)から。

同社テクノロジー&ソリューションズシニアマネージャー竹内裕治氏
竹内裕治氏

 モバイルデバイスを企業のIT環境で活用していくためのソリューションがXenMobile Enterpriseだ。

 同社事業開発本部プロダクトマーケティング部シニアプロダクトマーケティングマネージャーの的場謙一郎氏によれば、XenMobile Enterpriseは「業務用アプリケーションとデバイス上にあるパーソナルなアプリケーションを区別して取り扱うことができる。業務用アプリケーションをコンテナ化し、パーソナルなアプリケーションから容易にアクセスできないようにしている」という。

 従来のVPNではデバイスが社内ネットワークにアクセスできる状態であれば、パーソナルなアプリケーションからも社内ネットワークにアクセスできていた。これをアプリケーション単位のマイクロVPNとすることでパーソナルなアプリケーションからは社内のネットワークにアクセスできないようにする。製品希望小売価格は9,750円(1デバイスあたりの年間ライセンス)から。

 ShareFileはドキュメントの共有だけでなく、編集も可能となる。

 「これまで標準で利用できるのはシトリックスが提供するサーバであり、オプションとして自前のサーバを利用できたが、今回新たにMicrosoft Windows Azureにもアクセスできるようになる。また、モバイルからShareFileのアプリの中で、Microsoft Officeのデータの編集、PDFにフリーハンドでの注釈の追加が可能になる。さらに、SharePointのチェックイン・チェックアウトもサポートする」(的場氏)

 価格を含む詳細についてはhttp://www.citrix.co.jp/で7月10日より掲載の予定。

 関連URL: シトリックス・システムズ・ジャパン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4910 2013/06/12 15:08

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング