SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

データサイエンティスト協会が発足、ビッグデータ分析人材の育成と認定を目標

左より、宍倉 剛氏、草野 隆史氏、樋口 知之氏
左より、宍倉 剛氏、草野 隆史氏、樋口 知之氏

 データサイエンティスト協会の構成は、代表理事: 草野 隆史氏(株式会社ブレインパッド 代表取締役社長)、顧問: 樋口 知之氏(情報・システム研究機構 理事、統計数理研究所長 総合研究大学院大学統計科学専攻 教授)、事務局長: 宍倉 剛氏 (株式会社ブレインパッド 経営企画室長)からなり、現在50名ほどの賛同者がいるという。

 設立の背景としては、データの蓄積・処理・分析の技術は進展しているが、それらを活用するための人材の不足と能力要件の定義の不在がある。

 代表理事の草野氏は「私は発起人的立場、ビッグデータ分析と言われながらも企業の中で活用が進んでいない。データサイエンティストの定義を明確にし、人材の育成にとりくんでいく」と語る。協会の活動としては、データサイエンティストに必要とされるスキル要件、知識体系の定義とその普及、認定制度や検定制度の企画、運営、シンポジウムや研究会の開催など。

 顧問の樋口氏は「企業の中での分析人材はまだまだ便利屋にとどまっているのが現状。本格的に人材が求められていく今後に向けて、過去の経験、知識、分析、解析し、予測モデルをつくり、合理的な意志決定できるというデータサイエンティストを普及させる」という。

 活動のロードマップとしては、2013年度に、人材像・スキル定義、カリキュラム、シラバス作成、講座・書籍の公認などをおこない、2014年に他関連資格との連携MAP作成、2015年には評価制度の検討を予定している。

データサイエンティスト協会の活動
データサイエンティスト協会の活動

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4987 2013/07/16 13:49

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング