SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

第7回システム管理者感謝の日イベント開催される

ビーエスピー竹藤浩樹社長が開会の挨拶
ビーエスピー竹藤浩樹社長が
開会の挨拶

 システム管理者感謝の日は、2000年からシステム管理者の労をねぎらう記念日として、7月に設定されている。イベントは今年で7回目となる。

 開会挨拶として、この会とイベントを推進するビーエスピーの竹藤浩樹社長が登壇。「ITはつくる時代から使う時代へ移行している。これまでコスト削減ばかりが追求されてきたが、これからは、ITが価値を生み出す時代。その意味で、システム管理者には今後、サービスの利用者の視点が重要」と語り、今年のテーマであるサービス化の主旨を語った。

 ディズニーのサービスに関連する基調講演の他、システム管理者の会の会員企業によるパネルディスカッションなどがおこなわれた。

 また、1年間の活動報告のセッションでは、個人会員:13,397名、新規登録会員:2,594名、登録企業数:130社にのぼったと発表された。また同会がおこなうシステム管理者認定講座は総受講者464名となり、認定資格であるシステム管理者認定の初級コース、アソシエイトは190名(合格率84.0%)、中級のバチュラーは109名(合格率58.9%)上級コースのマスターは9名(合格率16.9%)となったと発表された。

itSMF Japan 小林賢也氏、CompTIA 板見谷剛史氏、NTTコムウェア 梶原智実氏、山崎製パン 澤聡美氏
左から、itSMF Japan 小林賢也氏、CompTIA 板見谷剛史氏、
NTTコムウェア梶原智実氏、山崎製パン 澤聡美氏

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4992 2013/07/18 12:03

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング