EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

最新のXeonプロセッサー搭載や「Windows Storage Server 2012」対応など 日立、アドバンストサーバ2機種とネットワークストレージサーバ4機種を発表

  2013/07/24 12:00

日立製作所は、PCサーバの日立アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」に、1プロセッサーモデルの新製品、タワー型の「HA8000/TS10」とラックマウント型の「HA8000/RS110」を発表した。同時に、ネットワークストレージサーバ「HA8000/NS」の4機種も発表し、7月25日から販売開始するという。

アドバンストサーバは、最新のインテルXeonプロセッサーE3-1200 v3製品ファミリーを採用し、従来モデル比で約1.1倍の処理性能*1を実現。また、ネットワークストレージサーバは、ファイルサービス機能を強化したOSであるWindows Storage Server 2012に対応したという。

アドバンストサーバの新モデルは、「HA8000シリーズ」の1プロセッサーモデルとしては初めて、設定した消費電力の上限値を超えないようにプロセッサーの動作を自動的に制御する動的パワーキャッピング機能を搭載したほか、「HA8000/RS110」では、変換効率94%を超える業界最高水準の80 PLUS PLATINUM認証を取得した電源モジュールを新たに採用したという。

また、中小規模のシステム環境のファイル共有およびバックアップ用途向けのネットワークストレージサーバ「HA8000/NS10」「HA8000/NS110」「HA8000/NS220」「HA8000/NS220-s」の4機種は、Windows Storage Server 2012 Standardをサポートし、ストレージ内の重複したデータを自動的に削除してストレージ容量の使用効率を向上する重複排除機能を追加するとともに、ファイル共有プロトコル「SMB(Server Message Block)3.0」への対応により、ファイル転送性能を高速化したという。

さらに、「HA8000/NS10」「HA8000/NS110」は、ストレージ容量を約33%拡大し、最大12TBにしたとしている。

■製品の詳細
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/OSD/pc/ha/index.html

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5