EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

メインフレーム帳票をアプリケーションの改修なく、容易にオープンプリンタに出力 BSP、帳票基盤ツール「BSP-RM」に日立の帳票ミドルウェア「PDE for Open」との連携オプション

  2013/07/30 16:00

ビーエスピーは、帳票基盤ツール「BSP-RM」の最新バージョンに、日立製作所の帳票ミドルウェア「PRINT DATA EXCHANGE for Open(PDE for Open)」と連携する「BSP-RM/PDE for Open DRV オプション」を搭載したと発表した。
 

今回、BSPは、文字コードなどプラットフォーム間の違いを吸収できるBSPの帳票基盤ツール「BSP-RM」に、メインフレーム帳票と同様の書式などの資産を使ってオープンプリンタ出力を実現する日立の「PDE for Open」 との連携オプションを搭載した。

これまで、メインフレームを利用するIT部門では、プリントコストの削減を目的にプリンタ環境をオープンプリンタに移行するニーズが高まっていたものの、メインフレーム環境で作成した帳票をオープンプリンタに出力するためには、メインフレーム帳票特有の書式や文字修飾などを変換する改修を業務アプリケーション側で行う必要があったという。今回の連携オプションにより、メインフレーム帳票を容易にオープンプリンタへ移行することができるという。

また、両製品が連携することで、各社のメインフレームから出力される印刷データの受付、大量帳票の仕分、名寄せなど、メインフレームと同様の帳票出力運用をオープン環境でも実現することができるとしている。

発表によると、製品連携による効果は次のとおり。

1. 業務アプリケーションの改修なく、オープンプリンタで大量帳票の印刷が可能
2. 各社のメインフレームからの帳票データをそのまま利用可能
3. 既存で利用している書式などの帳票資産を流用可能

■「BSP-RM」の詳細
http://www.bsp.jp/products/rm/index.html

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5