SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

EMCジャパン、バックアップ最適化とアーカイブ環境を実現する「Data Domain」を発売

バックアップ時間を最大4分の1に短縮し10倍の拡張性を実現

ミッドレンジ製品「Data Domain」は、企業が行うすべてのバックアップ・データとアーカイブ・データを単一の保護ストレージ・プラットフォームへコスト効率よく統合でき、優れたパフォーマンスと拡張性を提供するという。また、単一のプラットフォームに統合することで、バックアップ、およびアーカイブ・データの管理も容易になるとしている。

これらの新しいミッドレンジ製品は、CPUの性能アップにより、既存の「Data Domain」との比較で、バックアップ時間が最大4分の1に短縮。また、これまで2TBまでだった拡張シェルフが、新しく3TBに対応し、かつバックアップ・データを長期保存可能にするソフトウェア・オプション「Extended Retention」に対応するため、10倍の拡張性を実現するとしている。

さらに、バックアップ/アーカイブ・ストレージのTCO(総所有コスト)を低減できるようにデザインされているため、GBあたりのコストを最大38%削減することが可能だという。「Data Domain」では、NFSを通じてSAP HANA Studioからの直接バックアップが可能だという。

これにより、SAP HANAのデータベース管理者がバックアップ・プロセスを効率的に管理することができるという。さらに、「DD Boost for Oracle RMAN」がOracle ExadataおよびOracleベースのSAPシステムをサポートしているため、データベース管理者は、バックアップおよび災害復旧(DR)をより迅速かつ効率的に実行できるという。

また、OpenText、IBMのアーカイブ・アプリケーションとのシームレスな統合により、これまで以上に幅広いアーカイブ・ストレージ環境をサポートするという。

「Data Domain」は、多くのアプリケーションとの統合を可能にしたことによって、ファイル、電子メール、SharePoint、コンテンツ管理、データベース・アーカイブなど20以上のアーカイブ・アプリケーションに対応できるようになったとしている。

今回発表された「Data Domain」のラインナップは次のとおり。

・Data Domain DD7200:208TBのデータを8時間以内にバックアップ/最大21.4PBの論理容量を保護/長期保存用途として、最大85.6PBの論理容量を保護/最大540のバックアップ・ストリームに対応

・Data Domain DD4500:176TBのデータを8時間以内にバックアップ/最大14.2PBの論理容量を保護/長期保存用途として、最大57.0PBの論理容量を保護/最大270のバックアップ・ストリームに対応

・Data Domain DD4200:176TBのデータを8時間以内にバックアップ/最大9.4PBの論理容量を保護/長期保存用途として、最大28.4PBの論理容量を保護/最大270のバックアップ・ストリームに対応

・Data Domain DD2500:107TBのデータを8時間以内にバックアップ/最大6.6PBの論理容量を保護/最大180のバックアップ・ストリームに対応

■製品の詳細
http://japan.emc.com/backup-and-recovery/data-domain/index.htm

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5040 2013/08/06 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング