SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「超高速開発コミュニティ」設立―インフォテリア、ケンシステム、マジックソフトなどソフトウェア開発のツールベンダー13社が参加

 「超高速開発コミュニティ」設立は、ユーザー企業のスピード経営、価値に見合ったIT投資を支援するために、従来の開発方法やIT業界の慣習にとらわれず、超高速でシステム開発できるツールと手法の有効性をユーザー企業や業界全体に広く公開し、活用を促進することを目的としている。

 「超高速開発コミュニティ」の会長に就任した関隆明氏(ICT経営パートナーズ協会会長、前ITコーディネータ協会会長)は、「超高速開発コミュニティの設立の狙いは2つある。1つは、企業のスピード経営の実現、2つは魅力あふれるIT業界への変革です。システム開発に関わるあらゆる企業や個人の人たちに、コミュニティの理念にご賛同いただき、積極的に参加していただくことを期待している」と述べた。

「超高速開発コミュニティ」参加企業(発起人企業)

 「超高速開発コミュニティ」では今後、ユーザー企業、SIベンダーおよび開発ツール提供のIT企業などの参加を求めて、積極的に活動していく予定だ。なお、現在の参加企業(発起人企業)は以下の通り。

■「超高速開発コミュニティ」 発起人企業

  • 株式会社アイエルアイ総合研究所
  • 株式会社アトリス
  • インフォテリア株式会社
  • 株式会社ウイング
  • 株式会社オープンストリーム
  • キヤノンソフトウェア株式会社
  • ケン・システムコンサルティング株式会社
  • サピエンス・ジャパン株式会社
  • 株式会社ジャスミンソフト
  • 株式会社BlueMeme
  • 株式会社フロンテス
  • マジックソフトウェア・ジャパン株式会社
  • 有限会社ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5041 2013/08/06 17:57

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング