SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBMのクラウド・サービスが京セラドキュメントソリューションズのグローバルCRMに採用

グローバル統一システムで一元管理を実現

京セラドキュメントソリューションズは、京セラのグループ企業であり、ビジネス向けプリンター、複合機などの製造、販売を行っており、販売網を世界140か国以上に展開しているという。

同社は、米国、欧州、アジア向けのビジネスをさらに強化してグローバル展開を進めるためには、グローバルで統一されたオペレーションによる生産性向上や販売強化が重要であり、それらを支えるITシステムの構築を進めていたという。

そこで、構築された「FOCUS」は、顧客管理、販売管理、予測管理、商談管理、マーケティングなどの業務を行うグローバルで統一したCRMシステムで、各国別に管理していた顧客管理などを、一元管理できるようにするものだという。

このシステムは、IBMのマネージド・クラウド・サービスである「IBM SCE+」を採用し、米国のラーレイ、ドイツのエーニンゲンにある「SCE+」向けのクラウドデータセンターと、国内の既存データセンターを連携して運用しているという。「IBM SCE+は、クラウド環境とそのサービス管理やセキュリティー機能を提供し、企業の基幹系システムにも対応できるクラウド・サービスとして位置づけられている。

クラウド・システムを採用したため、海外ビジネスを強化する際には、必要に応じて柔軟にインフラを拡充することが可能だとしている。

■IBM SmarterCloudのWebページ
http://www-06.ibm.com/ibm/jp/cloud/?lnk=msoCS-clou-jpja

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5049 2013/08/09 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング