SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ウルシステムズ、クラウド型データウェアハウスプラットフォーム「White-eYe」を提供

Amazon Redshiftを利用したエンタープライズ向けサービス

エンタープライズ向けのデータウェアハウスは、構築や管理に膨大な時間と費用がかかるとされるなかで、クラウド型データウェアハウスAmazon Redshiftが注目されているという。Amazone Redshiftは、テラバイトあたり年間1000ドル以下という低コストで利用でき、これまでのSQLベースのBIツールもそのまま使用できるという。

今回、ウルシステムズは、Amazon Redshiftをエンタープライズで利用する際に必要となるシステム間連携機能、BIツール、機械学習による自動分析、セキュリティや運用管理の機能などを開発し、「White-eYe」プラットフォームとして統合したという。

「White-eYe」を使うことで、ERPなどの基幹システムやWebシステム、SNSやCRMなどから得られるビッグデータを素早く簡単にAmazon Redshiftに投入し、すぐ分析できるようになるとしている。

発表によると、「White-eYe」の主な機能は次のとおり。

・データ連携:Talendを用い、基幹システムやWebシステム、HadoopなどのデータをAmazon Redshiftへロード。

・BI・データ分析:機械学習を用い特徴抽出などを自動で実行。Amazon Redshift上のデータをTableauで可視化し、分析へ。

・データストア:カラム型で高速なクラウド上のデータウェアハウスAmazon Redshiftを利用可能。

・運用基盤:クラウド上で運用するためのセキュリティ、暗号化、自動障害復旧、システム管理などの機能を提供。

「White-eYe」はクラウド上のサービスとしてすぐに利用可能で、基本価格は初期導入費用が200万円~、月額利用料が35万円~だという。

また、ウルシステムズは、クラウド型データウェアハウスに必要な技術ノウハウをプロフェッショナルサービスとして提供するという。PoC(Proof of Concept)などの検証やデータ分析コンサルティング、データ連携や運用管理などに関するコンサルティング、エンタープライズシステムのクラウド導入に関する各種技術支援も行うとしている。

■サービスの詳細
http://www.ulsystems.co.jp/white-eye.html

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5097 2013/09/02 12:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング