EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

従来より90%早いスピードで、「SupportPoint」を顧客に提供 米ベライゾンテレマークのクラウドをPanvivaが採用し、サービス提供スピードを大幅に改善

  2013/09/17 23:00

米Verizon Communications(ベライゾン)は、世界有数のビジネスプロセスガイダンスベンダーであるPanvivaが、同社のエンタープライズ向けソリューションである「SupportPoint」をベライゾンテレマークが展開するプライベートクラウドへ移行したと発表した。

Panvivaによるクラウドへの移行は、「SupportPoint」をグローバル顧客ベースの増加にあわせて自在に拡張できるSaaS対応ソリューションに変革するという同社の戦略的方向性を反映するものだという。この結果、Panvivaは従来より90%早いスピードで、「SupportPoint」を顧客に提供できるようになったという。

Panvivaは、スピードの改善によって、サービスをより競争力に優れた価格で提供できるとともに、社員をサービスの提供プロセスではなく、カスタマエクスペリエンスの維持・向上に注力させることが可能になったとしている。

「SupportPoint」は、最新のコンタクトセンターおよび顧客サービス環境はもちろん、厳格に規制された環境や複雑な作業環境においても、効率化と正確さの向上を実現するため、リアルタイムのガイドナビゲーションを提供しているという。

「SupportPoint」は、主要企業に対し、複雑なポリシーやシステムに関するガイダンスを提供するとともに、これらの企業がライバルをパフォーマンス面で上回り、運用コストを削減し、エンドユーザエクスペリエンスの最大化ができるよう支援するという。

ベライゾンは、ニュ-ヨークに本社をおき、世界中に18万人以上の社員を擁する通信サービス企業。ブロドードバンド、無線・有線通信サービスを消費者、法人、政府機関、ホルールセールス顧客企業に提供しているという。ベライゾンワイヤレスは、米国で信頼性の高い無線ネットワ-クを展開し、米国での接続数は1億を超えているという。

また、Panvivaは、37カ国20万人以上の顧客を有するビジネスプロセスガイダンスベンダー。グローバル規模のホスティング要件をベライゾンテレマークのプライベートクラウド環境にアウトソーシングすることで、システムマネジメントを簡素化するとともに、「SupportPoint」をクラウドから展開できるようにしたという。

■ベライゾンジャパンのWebページ
http://www.verizonenterprise.com/jp

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5