EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

最大スループット13Gbpsの「Equalizer E970LX」などを追加 ネットワールド、ロードバランサ「Equalizer LXシリーズ」に3モデルを発売

  2013/11/22 14:00

 ネットワールドは、11月22日、米フォーティネット社の100%子会社でアプリケーションの負荷分散/高速化に実績のある米コヨーテ・ポイント・システムズ社のロードバランサ(負荷分散装置)の新製品「Equalizer E970LX」「Equalizer E670LX」「Equalizer E470LX」の3モデルを販売開始すると発表した。

 「Equalizer」は、L4~L7のロードバランシング、SSLアクセラレーションのほか、VMwareの運用管理ソフト「VMware vCenter Server」と連携して仮想サーバに対してより効率の良い負荷分散を提供し、企業の業務システム、インターネットゲートウェイ、ECサイトなどにおいて、アプリケーショントラフィックの最適化と高速化を実現するという。

 今回発表された「Equalizer LXシリーズ」は、新しいハードウェアプラットフォーム(4GBメモリ、120GB SSD)を採用し、マルチコアCPUとハイパースレッディング機能によって性能が飛躍的に向上し、SSL処理能力も大幅に強化されという。また、ファームウェアに最新バージョン(EQ/OS 10)を搭載し、IPv6対応などの新機能が追加され、機器動作の安定性が高まったとしている。

 「Equalizer LXシリーズ」は、最大13.0Gbpsのスループットを実現する新しいクラスの最上位モデル「Equalizer E970LX」を追加して、シリーズの性能構成を底上げし、より優れたコストパフォーマンスを提供するという。

 ネットワールドは今年5月から、「Equalizer LXシリーズ」のエントリーモデル「Equalizer E370LX」を先行販売していたが、最上位モデルを含む全モデルを販売開始するという。

 ネットワールドが販売する「Equalizer」製品は、エントリーモデルの「Equalizer E250GX」「Equalizer LXシリーズ」として先行販売していた「Equalizer E370LX」、今回発売する3モデル「Equalizer E470LX」「Equalizer E670LX」「Equalizer E970LX」の全5モデルとなり、システム規模に応じて最適なモデルを選択可能になったとしている。

【関連リンク】
ニュースリリース

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5