EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

OpenStackなどOSS技術の教育プログラムでクラウド技術者を育成 モーフ・ラボ、OSSトレーニングとクラウド関連SIの子会社「アセアン・ラボ」を設立

  2014/02/06 14:00

 モーフ・ラボは、クラウド関連のシステムインテグレーション事業、オープンソースソフトウェア(OSS)技術の教育事業を行う子会社であるアセアン・ラボを2月4日に設立したと発表した。

 新会社のアセアン・ラボは、日本のIT関連企業のフィリピン、インドネシア、シンガポールなどをはじめとするASEAN地域進出を支援するコンサルティング事業も行う計画だという。

 これは、モーフ・ラボの親会社である米Morphlabs社が、製品のアーキテクチャを米国で開発するほか、ユーザーインターフェース開発、QA、サポートをフィリピンの拠点で行い、ASEAN地域にも顧客も得ているためだという。

 アセアン・ラボでは、モーフ・ラボの技術力とノウハウをSIサービスとして、クラウドサービ事業者や企業のクラウドシステム基盤の構築に役立てるとしている。

 アセアン・ラボは、次の3つの事業展開を計画している。

 1. 教育事業
 クラウド管理フレームワークであるOpenStackのトレーニングコースを、教育事業を展開するパートナー企業との協業により提供。
 アセアン・ラボのOpenStackトレーニングコースは、ハンズオンに特化し、「OpenStack概要」コースから「OpenStackシステム管理1」コース、「OpenStackシステム管理2」コースまで体系化されており、合計5日間で概要から構築、設定・チューニング、トラブルシューティングまでがカバー。

 2. システムインテグレーション事業
 クラウドシステム導入のコンサルティングから、システム設計、システム構築、運用設計などのインテグレーションサービスを提供。
 モーフ・ラボが提供する、クラウド環境の構築・管理とアプリケーションの配布を自動化する「mCloudシリーズ」のカスタマイズは、今後、アセアン・ラボがサービスを提供。

 3. ASEAN地域への進出支援コンサルティング事業
 日本企業が、フィリピンやインドネシアをはじめとするASEAN地域に進出する際に、IT関連のコンサルティング、人材紹介などのサービスを提供。
 システムインテグレーション事業も、日本国内だけでなく、ASEAN諸国を市場とし て展開していく計画。

【関連リンク】
「アセアン・ラボ」のWebページ
「モーフ・ラボ」のWebページ

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5