EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

総合的なデータマネジメントを提供するエンタープライズデータハブの中核 Cloudera、Hadoopプラットフォームの最新版「Cloudera Enterprise 5」を提供

  2014/04/03 16:15

 米Clouderaは、4月2日(現地時間)、Hadoopプラットフォームの最新版であり、エンタープライズデータハブの中核となる、「Cloudera Enterprise 5」の一般向け提供を開始したと発表した。

 「Cloudera Enterprise 5」は、これまでにないセキュリティ機能や管理機能、ガバナンスに向けた機能を備えた、オープンなデータマネージメント・プラットフォームを提供するという。

 また、「Cloudera Enterprise 5」は、あらゆる形態のどんな規模のデータであっても、単一のセントラル・リポジトリ内に格納し、アクセスや分析処理を可能にするデータ管理の為の協力な選択肢を提供するという。

 Hadoopをコアとする「Cloudera Enterprise 5」によって、エンタープライズデータハブでは、すべてのデータをそのままの形で単一のプットフォームに蓄積し、企業のさまざまなワークロードで処理および分析できるようになり、企業向けの実用的な経済性と技術を備えるとしている。

 「Cloudera Enterprise 5」の主な特徴は次のとおり。

 ・堅牢なセキュリティ
  十分なセキュリティを確保しつつ、あらゆるデータを1か所に格納。データは、クラスターレベルから個々のバイト単位にいたるまで暗号化させ、共通のセキュリティインフラ上で管理。

 ・総合的なデータマネージメント
  Cloudera の次世代プラットフォームが複雑なシステムをよりシンプルに。「Cloudera Enterprise 5」には、マルチリソース管理のためのYARNが含まれており、Hadoopベースのエンタープライズデータハブの利用や操作、管理をより容易に。

 ・コーポレート・ガバナンス
  「Cloudera Enterprise 5」に組み込まれた監査と品質管理機能は、ユーザーがデータをどこから取得し、どこに提供したかなど、データアクセスに関するレポートを提供。

 ・最もオープンなプラットフォーム
  Hadoop 2およびYARNを含む最新のオープンソースをサポート。さらに、APIとSDK、NFS サポートと業界最大のパートナーエコシステムにより、既存のテクノロジー基盤と連携できるよう構成・設計。

【関連リンク】
ClouderaのWebページ

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5