SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

奈良県教育委員会が全県立学校のICT教育環境整備にアドビの「Creative Cloud」を採用

教育機関向け包括ライセンス契約で初の県単位での契約

 今回、奈良県教育委員会が、アドビの「Creative Cloudエンタープライズ版」の採用を決めた要因として、次のような点があげられるという。

 ・アドビの「Creative Cloud」を、授業、学校行事、部活動などでいつでも使えるようにすることで、教員の授業力向上につなげたり、生徒の創造力を刺激し、個々の能力を伸ばし、課題に取り組もうとする関心、意欲を高めることのできるICT環境が整えられる。

 ・実社会の業務で使用されているアプリケーションを、早い時期から活用することで、大学や専門学校等の進学先での利用や、就職先で即戦力として仕事をする力を身に付け、コミュニティーや地域への将来的な貢献が期待されること。

 ・校務においても、全職員が「Adobe Acrobat Pro」などのツールを活用することで、業務の効率化や高度化が図られるだけでなく、個人情報を取り扱う上での意識を高め、セキュリティ面の向上が見込めること。

 ・包括契約によるコストメリット、製品利用におけるコンプライアンスを含めた運用管理の負担軽減が見込めること。

 今後、教育委員会では、「Creative Cloud」を活用した新しい教育の実践を先導し、他教員にとってメンターとなる教員エバンジェリストを30名程度育成していく予定で、アドビは教育委員会と連携して、教員エバンジェリストの研修に協力していくとしている。

【関連リンク】
ニュースリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6181 2014/09/25 12:34

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング