EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

長野市民病院が電子カルテデータの大規模災害対策に「Azure」の日本データセンターを採用

  2015/01/06 14:00

 日本マイクロソフトは、長野市民病院が、大規模災害に備えた電子カルテデータの保全に、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の日本データセンターが採用されたと発表した。これにより、長野市民病院は、バックアップ環境を低コストで運用し、24時間365日の救急医療を、災害時にも提供できる体制作りを実現するとしている。

 長野市にある長野市民病院は、55万人が暮らす長野医療圏の中核をなす医療機関の1つ。長野市民病院では、大規模な災害発生時にも確実に診療継続できる体制を整えようと、電子カルテなどの院内システムに関しても冗長化を図ってきた。

 しかし、東日本大震災と、続く長野県北部地震を経験したことにより、遠隔地へのデータバックアップの重要性が認識された。

 長野市は、フォッサマグナ(中央地溝帯)に位置しており、フォッサマグナから離れたデータセンターと、三重化されたデータの分散保管が求められ、それを適正なコストで実現するソリューションを3年にわたって探し続けたという。

 その結果、マイクロソフトのパブリッククラウドサービスであるAzureと、Azureをバックアップ先として連携するQNAP Turbo NASが選定されたという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5