Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

国内ネットワーク機器市場は2014年の3458億円から2019年には3920億円に――IDCが発表

  2015/05/25 17:15

 IDC Japanは、ルーター、イーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器を含む国内ネットワーク機器市場の2014年の実績と予測を発表した。これによると、2014年の国内ネットワーク機器市場は、LTE(Long Term Evolution)サービス向けの設備投資の継続と企業向けネットワーク機器市場の堅調さで成長を続けたが、変化の兆しも見え始めているという。

ルーター市場が企業の拠点用ルーターの堅調な更新需要により好調

 製品分野別にみると、ルーター市場と企業向け無線LAN機器市場はプラス成長を達成。特にルーター市場では、12.0%の前年比成長率で市場規模は1,223億5,600万円に拡大した。

 企業向けルーター市場における拠点用ルーターの堅調な更新需要が、成長をけん引した。企業向け無線LAN機器市場は、企業の無線LAN導入意欲が依然として高く、2014年の市場規模は227億100万円で前年を5.0%上回った。

 ただし、一様に成長を続けるような成長局面からは転換点を迎えている兆候も見え、イーサネットスイッチ市場は、通信事業者向け市場の減速によって前年を割り込み、前年比3.2%減の2,007億6,300万円だった。

ベンダーシェアの変動は全般的に小さいが、NECとブロケードはシェア伸長

 ベンダーシェアは、いずれの市場でも際立って大きな変動は見られなかったが、その中ではNECとブロケード コミュニケーションズ システムズの成長が目立った。

 NECは、大型案件の獲得によって企業向けルーター市場でシェアを拡大し、通信事業者向けイーサネットスイッチ市場でも売上を伸ばした。ブロケード コミュニケーションズ システムズは、データセンター向けイーサネットスイッチ分野で売上を伸ばしてイーサネットスイッチ市場で大きく成長した。

2015年から2019年にかけて緩やかに拡大

 今後の国内ネットワーク機器市場については、2015年から2019年にかけて緩やかながらも拡大するとみている。ルーター(コンシューマー向けを除く)、イーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器市場を合計した国内ネットワーク機器市場は、2014年の3,458億2,000万円から2019年には3,920億1,900万円になると予測しており、2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は2.5%とIDCではみている。

 IDCでは、製品としては成熟しているが、モバイルネットワークが企業活動や生活にいっそう強く結び付いてクラウドやインターネット上のサービスの重要性が増すマクロトレンドの中では、モバイルやデータセンターへの投資がネットワーク機器市場の活力になるとしている。

 なお、今回の発表はIDCが発行した「国内ネットワーク機器市場 2014年の分析と2015年~2019年の予測:ルーター、イーサネットスイッチ、無線LAN機器市場」にその詳細が報告されている。

参考資料:国内ネットワーク機器市場 製品分野別 エンドユーザー売上額予測、2010年~2019年(作成:IDC Japan)

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5