SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立システムズ、自社のセキュリティオペレーションセンターを活用したログ相関分析サービス

 「SHIELDログ相関分析サービス」は、情報システム上のファイアウォールや侵入検知装置などのネットワーク機器に加え、Webサーバー、データベース、クライアントPCなど、さまざまなデバイスのログを監視ツールにより収集し、それらのログを日立システムズの「SHIELD SOC」のアナリストが相関的に分析することで重要なセキュリティインシデントの兆候やその予兆を検知、または対策を行って、報告するもの。

 単一のデバイスのログにおいては、正常な動作を装い行われる不正な行動からセキュリティインシデントを見抜くことは難しく、複数のログを相関的に分析し、過去の事例や不正行動パターンと照合することで、いつどのような不正が行われたかを把握することができるようになるという。また、このサービスの導入を従業員に周知することにより、内部犯行の抑止にも効果もあるという。

 このサービスは、24時間365日体制の「SHIELD SOC」から提供するため、セキュリティインデントの検知・報告はリアルタイムで実施し、セキュリティインシデントの兆候やその予兆に即対応することができ、被害を最小限に抑えることができるようになるとしている。

 また、「SHIELD SOC」のアナリストが培った長年にわたる運用ノウハウと、すでに提供中の「SHIELD グローバルインテリジェンスサービス」を組み合わせることにより、高度化、複雑化するサイバー攻撃に対応する。

 さらに、「SHIELD セキュリティデバイス監視サービス」や「SHIELD クラウドCSIRTサービス」と組み合わせることでインシデントの早期検知から早期対策のアドバイスまで、セキュリティインシデントに対するトータルな対応が可能になるという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6911 2015/06/09 12:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング