SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、東京海上日動の約3万台のシンクライアントシステムを支える仮想化基盤を移行

 東京海上日動が採用しているNECのシンクライアントシステム「VirtualPCCenter」は、複数種類の仮想化基盤ソフトウェア(ハイパーバイザー)を統合管理/混在運用することが可能だという。

 今回、マイクロソフト社の「Windows Server 2012 Hyper-V」を活用することで、リソース増強を最低限に抑え、約6か月という短期間での移行を実現した。

 東京海上日動は、NECが構築を担当して、2009年に仮想PC型シンクライアントシステムを導入した。今回、仮想PCのOSであるWindows XPが2014年4月9日でサポートを終了することに伴い、新OSへの移行を計画したが、業務担当者が利用する約3万台の仮想PCを新OSへ移行するには、新たに必要となるCPU・メモリリソースの増加を補うためのサーバ増設のコストが課題となっていた。

 「VirtualPCCenter」は、柔軟な管理機能や複数の仮想化基盤ソフトウェアの統合管理・混在運用が可能だという。

 そこで、「VirtualPCCenter」の特性を活かし、既存の仮想化基盤ソフトウェアを動作させながら、徐々に新しい仮想化基盤ソフトウェア「Windows Server2012 Hyper-V」に仮想PCのリソースを移行するとともに、メモリ需要に対する柔軟なリソースの割り当て管理が可能な「Dynamic Memory機能」を活用することで、物理メモリの増設容量を最低限に抑え、新OSへ移行した。

 これにより、OS移行に伴うシステム導入コストを大幅に抑えるとともに、約6か月という短期間でスムーズな仮想化基盤の移行を実現した。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6973 2015/06/26 12:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング