SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBM、「SAP S/4HANA」対応したグローバル業務統合を支援するテンプレート・ソリューション群

 「SAP S/4HANA」は、インメモリープラットフォーム「SAP HANA」対応として開発され、データの高速処理や分析を実現するビッグデータ活用に適した基幹業務システム。

 日本企業が海外展開を進めていく上でグローバル業務統合のニーズは大変高く、システム構築においても、標準アプリケーションを活用しながら、短期かつ安定した確実な導入が期待されているという。

 「IBM Global Express」は、グローバル業務統合に対応したSAPテンプレート・ソリューション群で、日本企業の海外展開に向けたグローバル業務統合システム構築を支援するため、組織構造、法定帳票、税法対応、商習慣など、アジア、欧米を中心とした20か国に対応した国別要件を組み込んでいる。

 また、日本独自の要件にも対応しているため、国内子会社の統合も支援できる。さらに、自動車、加工組立系製造、化学、製薬など、業種に特化したソリューションも用意している。

 その他、システム化のニーズや対象業務エリアに合わせて、柔軟にソリューションを選択できるため、小規模な導入からビジネス成長に合わせて拡大することも容易だという。

 これらの特徴に加え、日本IBMが持つ日本企業への豊富な導入実績やIBMがグローバルで蓄積してきたスキルを活用し、コンサルティングからシステム構築まで、短期間で安定した導入を支援すとしている。幕張(千葉)のAMSセンターでは、中国と連携した運用・保守も提供する。

 さらに、海外での需要が高いモバイル対応については、「SAP Fiori /UI5」に準拠し、各業種で必ず必要となる業務をテンプレートに組み込んでいるため迅速にモバイル対応が可能だ。

 ITインフラについては、自社でサーバー環境構築のほか、東京を含む世界中にデータセンターを配置しているIBMのクラウド・サービス「SoftLayer」や、「SAP HANA on IBM Power Systems」を採用するなど、要件に合わせて柔軟に対応可能だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6994 2015/07/02 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング