EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2015年の国内パブリッククラウドサービス市場は、前年比29.5%増の2,516億円――IDCが予測

  2015/08/06 14:20

 IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表した。これによると2015年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比29.5%増の2,516億円となる見込み。

2014年以降、既存業務アプリケーションのクラウドイネーブルドが加速

 従来、IaaS(Infrastructure as a Service)は、開発環境や一般消費者向けWebサイト/アプリケーションの稼働環境として利用されることが多く、この動向が国内パブリッククラウドIaaS市場の成長をけん引してきた。

 一方、2014年以降、既存の業務アプリケーションをIaaS上に実装し、稼働させるクラウドイネーブルドの動向が加速傾向にある。また、並行して、業務アプリケーションの稼働に必要なミドルウェアやシステムインフラソフトウェアのIaaS上での動作検証やライセンス体系の整備も進んでいる。

 現在、開発環境/Web向け用途と、既存業務アプリケーションのクラウドイネーブルドが両輪となり、国内パブリッククラウドIaaS市場の成長を促進している。

SaaS ERMアプリケーションは急速に発展

 国内パブリッククラウドSaaS市場も順調に推移している。なかでも、モバイル対応に優れたコラボレーティブアプリケーションやCRM(Customer Relationship Management)アプリケーションは「クラウドファースト」が浸透したといえる。

 また、SaaS(Software as a Service)ERM(Enterprise Resource Management)アプリケーションも急速に発展していえる。従来、SaaS ERMは優れた保守/運用性が大きな特徴だった。

 一方、2014年以降、外部システムとの連携性が向上し、ユーザー企業の利便性を向上している。国内パブリッククラウドSaaS市場は、モバイル対応、システム間連携といった特徴によって成長を継続するとIDCはみている。

 これまで、「デジタル産業革命」を起こすことができるのは、「高い技術力」「資本力/資金力」と「ビジョン」「強いリーダーシップ」を兼ね備えた「特殊な企業」であると、考えられてきた。

先端技術を容易に導入できるPaaSの拡充が重要

 一方、パブリッククラウドサービスの発展によって、起業/新規事業に求められる「技術力」「資本力/資金力」の障壁は大きく低下しており、ビジネスアイディアを持つ一般的な「企業」「開発者」がデジタル産業革命を起こすソリューション/サービス(IDCでは、Intelligent Industry Solutionと呼称)を提供できるようになった。

 現在のIntelligent Industry Solutionは、モバイルインターネットやソーシャル技術を活用しただけのソリューションではない。すでに先端技術、たとえばビッグデータ/アナリティクスを導入することによって、新しい価値を顧客に提供し、差別化が図られている。

 したがって、国内パブリッククラウドサービス市場では、先端技術を容易に導入できるサービス、すなわちPaaS(Platform as a Service)の拡充が重要となっている。

 「Intelligent Industry Solutionは未踏分野への挑戦でもあるため、ユーザー企業とICTベンダーの協業によってソリューションが創出されることも多くなるであろう。その時、基盤となるPaaS、さらにはインテグレーションサービスが重要となる」とIDC Japan ITサービスリサーチマネージャーの松本聡氏は分析している。

 なお、Intelligent Industry SolutionはICTを使った「業務プロセス、コンテンツ、マーケットプレイス/コミュニティ環境」のサービスであり、IT機能を有償で提供することを目的としていないため、参考資料(図)の国内パブリッククラウドサービス市場には含まれていない。

参考資料:国内パブリッククラウドサービス市場 セグメント別売上額予測、2014年~2019年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表内容について詳細は、IDCが発行したレポート「国内パブリッククラウドサービス市場2014年の実績と2015年~2019年の予測アップデート」にまとめられている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5