EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

x86仮想化環境向けディスクストレージシステム市場――2014年~2019年の予測をIDCが発表

  2015/09/28 15:30

 IDC Japanは、国内x86仮想化環境向けディスクストレージシステム(外付型と内蔵型の合計)市場予測 を発表した。これによると、2014年~2019年の国内x86仮想化環境向けディスクストレージシステム売上額の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は8.8%と予測している。

2014年の市場規模は前年比成長率16.7%、798億円

 2014年の国内x86仮想化環境向けディスクストレージシステム市場は、前年比16.7%増の797億8,700万円となった。そのうち、外付型は550億6,000万円で前年比18.2%増、内蔵型は247億2,700万円で同13.5%増だった。

 2014年の国内x86仮想化環境向けの売上額は、外付型は外付型ディスクストレージシステム売上額全体の29.5%、内蔵型は内蔵型ディスクストレージシステム売上額全体の41.8%を占めた。

2019年の市場規模は1,215億円と予測

 2019年の国内x86仮想化環境向けディスクストレージシステム市場は、1,215億100万円に達すると予測している。そのうち、外付型は883億5,000万円、内蔵型は331億5,100万円と予測している。

 2019年の国内x86仮想化環境向けの売上額は、外付型は外付型ディスクストレージシステム売上額全体の44.0%、内蔵型は内蔵型ディスクストレージシステム売上額全体の54.2%まで、構成比が高まると予測している。

 サーバー仮想化のさらなる普及と拡大、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)の導入率の上昇により、国内x86仮想化環境向けディスクストレージシステム市場は今後も高い成長が期待される。

フラッシュストレージがより一般化、導入形態は多様化へ

 仮想化環境向けストレージでは、ストレージI/O性能向上のためフラッシュストレージ利用がより一般化していくことが予測される。また、仮想化環境向けでは、汎用ストレージだけではなく、仮想化環境専用アプライアンスやSoftware-Defined Storageなど、導入形態の選択肢が多様化することが予測される。

 IDC Japan ストレージシステムズ シニアマーケットアナリストの高松亜由智氏は、「今後はフラッシュによる性能向上に加え、容量最適化の実現、データ保護の強化、管理の容易化など、顧客の仮想化環境でのストレージ管理課題のソリューションとなり得る機能の提供が、仮想化環境向けストレージの選択において重視されるようになる」と分析している。

参考資料:国内x86仮想化環境向けディスクストレージシステム売上額予測:2012年~2019年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表について詳細は、IDCが発行したレポート「国内x86仮想化環境向けディスクストレージシステム市場 2014年の実績と2015年~2019年の予測」にまとめられている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5