EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マイナンバーなどパーソナルデータ活用に意欲――IDCがマーケティング部門のIT利用実態調査

  2015/11/05 14:00

 IDC Japanは、7月に558社の国内企業を対象に実施したマーケティング活動とIT利用に関する調査の分析結果を発表した。

マーケティング推進役であるCxOや全社横断的な管理組織の設置が増加

 2014年の国内マーケティング市場は、マーケティングオートメーション製品が多数投入され、クラウド型サービスの部門利用や、SFA(セールスフォースオートメーション)など他システムとのデータ連携、これに基づくデジタルマーケティングの活発化を背景に、ECサイトを保有する企業などでIT活用が進んだ。

 また、業績が好転した企業では、ビジネス分析を目的にした大規模なデータプラットフォームの刷新も行われている。この調査によると、パーソナルデータの活用(将来的なマイナンバーの企業利用など)も視野にデジタルマーケティングのさらなる浸透と、データの分析需要が今後の国内マーケティング市場をけん引し、2014年~2019年のマーケティングソフトウェア市場の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)が10.5%になると予測している。

 これは、同期間におけるアプリケーションソフトウェア市場全体のCAGR3.1%(Japan Semiannual Software Tracker、2014H2)と比較して、非常に高い成長率。

 国内企業のマーケティング活動におけるIT利用がこれまで進んでいなかった理由が、推進役の欠如にあると仮定し、その設置率を調査した。CMO(Chief Marketing Officer:最高マーケティング責任者)は43.0%、CDO(Chief Digital Officer、Chief Data Officer:最高デジタル/データ責任者)は35.8%であり、関連する全社横断的な管理部門の設置率も45%前後と想定を上回る結果となった。

課題は社内に散在しているデータの一元管理と担当者のスキル向上

 これらの推進者を有する企業では、全社的なマーケティング活動方針の策定が進んでいるものの、実務では社内に散在するデータの一元管理やその分析に関する担当者のスキル向上などの課題を抱えている。

 しかし、一方では積極的なデジタルマーケティングへの取り組みが着実に進んでおり、将来的にマイナンバーも含めたパーソナルデータの企業利用に向けた準備も行われていることが明らかになった。また、今後導入したいITを確認したところ、「Web会議/チャット」「顧客管理システム」「マーケティングオートメーション」という回答を得た。

 IDC Japanソフトウェア&セキュリティマーケットアナリストのもたい洋子氏は、「CMOや部門横断的なマーケティング関連部署の設置が進んでいるが、今後のマーケティング活動における課題の解決やIT活用を進めるには、各社の事業目標と連携するマーケティング活動を俯瞰的にとらえる視点が不可欠である。コンサルティング会社や 広告代理店、ベンダーなどの外部支援も積極的に活用し、経営視点でマーケティングの注力目標と実活動におけるギャップを把握した上で、将来的にマイナンバーなどのパーソナルデータ活用と、費用対効果の高い持続可能なマーケティング活動の実現に向けた体制強化を図るべきである」と述べている。

参考資料:マイナンバー制度によるパーソナルデータ活用に対する関心(将来的にマイナンバー制度が浸透し、パーソナルデータの企業利用が許可された場合を想定した調査。作成:IDC Japan)  

 今回の発表について詳細は、IDCが発行したレポート「2015年 国内企業のマーケティング活動とIT利用実態調査」にまとめられている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5