EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ウォッチガード、大規模組織や分散型エンタープライズ向けにモジュール式セキュリティアプライアンスを発表

  2016/03/01 16:00

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、最上位モデルの新統合セキュリティアプライアンス「Firebox M4600」と「Firebox M5600」の2機種を発表した。

 「Firebox M4600/M5600」アプライアンスは、ウォッチガード製品の中で最高のパフォーマンスを発揮するだけでなく、柔軟なポートモジュールおよび冗長電源を備えており、大規模組織を始めとして、高速ネットワークと柔軟なネットワーク設計が重要な複数拠点を擁する分散型エンタープライズに最適化されたモデルとだという。

 「Firebox M4600/M5600」アプライアンスは、高速かつ柔軟性を備えながら手頃な価格帯で提供されており、分散型、あるいはハブアンドスポーク方式での実装シナリオに理想的なアプライアンスになっているという。これらの高性能アプライアンスを本社・本部組織に実装し、「ハブ」アプライアンスとして利用することで、リモートで勤務する従業員や支社/支店など中小規模の拠点間の通信を管理し、セキュリティを確保することができるという。

 「Firebox M4600/M5600」アプライアンスは、柔軟なポートオプションを備えており、光ファイバーポートまたはカッパ―ポートにより、ネットワークモジュールを追加することが可能だ。両モデルには、拡張モジュール用のスロットが2つ、並びに4x10GbE光ファイバー、8x1GbEカッパ―、または8x1GbE光ファイバー用のオプションが用意されている。ネットワークモジュールにより、必要に応じてポート構成をカスタマイズすることが可能であるとともに、ネットワークの拡張時にも柔軟にアプライアンスを適応させることができる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5