EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

EMC、VMware環境にネイティブな統合型アプライアンス「VxRail Appliance」を発表

  2016/03/15 13:30

 EMCジャパンは、VMware環境にネイティブに統合できるハイパーコンバージド インフラストラクチャ アプライアンス(HCIA)である「VCE VxRail Appliance」ファミリーを3月15日から提供すると発表した。「VxRail Appliance」のオールフラッシュ製品は、2016年4~6月期に提供される予定。

 「VxRail Appliance」ファミリーは、EMCコーポレーションとVMware社の共同開発により、EMCのシステムと、VMwareのハイパーコンバージド ソフトウェアを組み合わせた製品。VMwareの製品には、「VMware vSphere」や「VMware vCenter Server」といったソフトウェアのほか、vSphereとネイティブ統合が可能な「Software-Defined Storage VMware Virtual SAN」が含まれている。

 また、これらすべての製品が「VxRail Appliance」ファミリー製品に統合されているため、EMCジャパンが運用・保守を一元的に提供する。ハイブリッドストレージまたはオールフラッシュの「VxRail Appliance」は、VMware環境の拡張および効率化を可能にするとともに、簡単に拡張可能なシンプルなターンキーHCIAだとしている。

 「VxRail Appliance」の特徴は次のとおり。

  • 従来の「VMAX」をモダンデータセンター向けに進化させた「VMAXオールフラッシュ」を発表
  • 小型/中型のデータセンターとしての用途、ならびに企業の各部門やブランチオフィス環境での使用を想定した、シンプルなVCEアプライアンス ファミリーを共同開発
  • VMwareのハイパーコンバージド ソフトウェアをはじめとする、EMC/VCEおよびVMwareのソフトウェアを統合
  • 最も低価格な構成(VxRail 60)の750万円からスタートし、さまざまなワークロードに合わせて多様な構成に拡張が可能。他のHCIAの2倍のパフォーマンスのオールフラッシュストレージへの変更も可能
  • 既存のVMwareのエコシステム管理ソリューションとのシームレスな統合により、VMware環境での展開と管理を効率化
  • 「VxRail Manager」により、エレメントの細かな管理および監視ができるようになるほか、データの重複排除、圧縮、レプリケーション、バックアップなどのデータサービスの利用が可能
  • 「EMC CloudArray」により、VirtustreamやVMware vCloud Air、Amazon Web Services、Microsoft Azureといったパブリッククラウドとデータを階層化
  • VCEの「Vblock」や「VxBlock」、「VxRack Systems」と合わせて、業界でもっとも包括的なコンバージドおよびハイパーコンバージドのポートフォリオの提供が可能になり、インフラストラクチャのさまざまな組み合わせを中央管理することで、独自の方法であらゆる企業、あらゆるワークロードおよびスケールポイントに対応

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5