SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ソフトバンク・テクノロジー、「Dynamics CRM Online」導入サービスを提供

 クラウド型のCRM(Customer Relationship Management)やSFA(Sales Force Automation)は、各社からさまざまなサービスが提供されている。SBTがCRM・SFAのリプレイスを検討していた2011年には、既に「Office 365」を中心としたワークスタイルが確立していたことから、「Office 365」と親和性の高い「Dynamics CRM Online」を導入し、働きやすさと業務効率の向上をセキュアに実現できるテレワークの確立することをめざしたという。

 SBTには、2011年から4年以上にわたって「Dynamics CRM」を運用してきた実績と経験があり、CRMやSFAの導入時にありがちな「システムを導入すれば成果が出るかも」という落とし穴を熟知しているとし、提供するサービスにはそうした経験やノウハウが盛り込まれているという。

 「Dynamics CRM」には、CRMとSFAの機能が備わっており、2つの機能を利用することで各組織が下記表のようなメリットを享受できることに加えて、各部門の情報を横断した連携により、各部門・個人の個別管理から脱却できる。基幹業務システム(ERP)やBIツールとの連携により、リアルタイム業績見込の管理なども実現が可能で、迅速な経営判断にも活用できるという。

 「Dynamics CRM」は、「Office365」やEMS連携により業務効率の向上を実現できる。また、Azure上で稼働させているSBT自社ソリューションのOSG(Online Service Gate)、AoC(ADFS on Cloud)の併用により、スマートフォンやタブレットなどを社外利用するシーンにおいても、ユーザーIDやモバイルデバイスを一元管理し、システムへのアクセス管理・制御をユーザーに意識させることなく、高いセキュリティレベルを維持できるという。

 「Dynamics CRM Online 導入サービス」は、スピード導入から社内定着まで、ワンストップでサポートするパターンなど、企業に応じた最適な導入支援を行うとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7835 2016/03/15 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング