SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBM、Apache Sparkでz Systems上のデータへ迅速にアクセス可能なプラットフォーム

 「IBM z/OS Platform for Apache Spark」により、オープンソースのアナリティクス・フレームワークであるSparkを、z/OSメインフレーム・オペレーティング・システム上でネイティブに運用することが可能になる。

 新製品により、データ・サイエンティストは、アナリティクス・ライブラリーとそれを支えるファイル・システムを切り離して、データの抽出、加工、データベースへの書き出し(ETL)をすることなく、もともとデータが存在するシステム上でデータを解析することができる。

 データが新しい天然資源となり、コンピューター・システムが物事を理解・推測・学習するコグニティブ時代において、企業は洞察が意義を失う前にそれを探り出し、最大限に活用する必要がある。z Systemsのビジネス・パートナーのアクセラレーターを含む今回の発表により、企業は市場の変化や個別の顧客ニーズを理解しリアルタイムに業務を改善し、価値創造の時間を短縮するためにz Systemsのデータや機能をより容易に活用することができるとしている。

 「z/OS Platform for Apache Spark」は、Apache Sparkコア、Spark SQL、Spark Streaming、機械学習ライブラリー(MLlib)、GraphXで構成されるSparkオープンソースと業界唯一のメインフレーム常駐のSparkデータ抽象化ソリューションを組み合わせている。この新しいプラットフォームは、次のような機能によって企業がより効率的に洞察を引き出すことを支援するという。

 ・開発効率化:開発者やデータ・サイエンティストは、すぐに使える洞察による価値創造の時間を短縮するために、Scala、Python、RおよびSQLといったプログラム言語における既存の専門知識を活用可能。

 ・容易なデータアクセス:最適化された データ抽象化サービスで複雑性を排除するとともに、Apache Spark APIの慣れ親しんだツールでIMS、VSAM、DB2 z/OS、 PDSE、またはSMFなどの従来型のフォーマットの企業データへのシームレスなアクセスを提供。

 ・インプレース・データ・アナリティクス:Apache Sparkは、結果を迅速に導き出すため、インメモリー・アプローチでデータを処理する。「z/OS Platform for Apache Spark」は、z/OSアナリティクス・アプリケーションが標準のSpark APIを活用できるようにするデータ抽象化と統合サービスを搭載している。これにより、企業はインプレースでのデータ解析が可能となり、ETLにともなうコスト増加やセキュリティー上の懸念を払拭することができる。

 ・オープンソース機能:「z/OS Platform for Apache Spark」は、ビッグデータ向けに設計されたオープンソースのインメモリー処理エンジンであるApache Sparkディストリビューションを提供。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7894 2016/03/31 16:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング