SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

HPE、NVDIMM(不揮発性メモリ)をサポートする「ProLiant Gen9」サーバーを発表

 新しい「HPE ProLiant Gen9」には、ハイブリッド・インフラ環境でのパフォーマンスを高めるため、次のようなイノベーションが含まれているという。

 ・NVDIMM(不揮発性メモリ)

 「HPE ProLiant Gen9」サーバーは、2014年の発表当時から「HPE Persistent Memory」(消えないメモリ)ポートフォリオの最初の製品である「NVDIMM」の採用を見据えて開発されている。この技術は、データベースや分析ワークロードを加速するよう設計されており、従来のストレージ性能がボトルネックとなっているアプリケーションに最適だという。

 「NVDIMM」は、業界標準であるNVDIMM-N技術を基盤とし、JEDECやSNIAなどの規格制定団体と協力を通じて設計されている。「HPE Smartストレージバッテリー」によるバックアップ電源を搭載し、電源が失われた場合にも最大16基のNVDIMMによるDRAMからフラッシュデバイスへのデータ移行をサポートする。

 ・新しいインテルXeonプラットフォーム

 最大22基のコアと最大2,400MT/秒のメモリ速度をサポートするよう設計された新しいインテルXeon E5-2600 v4プロセッサーは、「HPE ProLiant Gen9」サーバーに最大25%のパフォーマンス向上をもたらす。このプロセッサーには、共有されるプラットフォームリソースの管理を改善する、仮想化機能、セキュリティ、および管理機能の強化が盛り込まれている。

 ・高速DRAMを活用した迅速なデータ転送

 「HPE DDR4 2400 MHzメモリ」には、8GBから始まるさまざまな容量のラインアップを提供。さらに、大容量のメモリを必要とする環境には、密度を高めた「HPE 128GB LRDIMM」を近日発表予定。

 ・最先端のソリッドステートドライブ(SSD)

 最大2TBまでの容量を備えた「HPE NVMe SSD」も、最新のプロセッサーにより、オンライン取引処理、ビジネスインテリジェンス、ビッグデータ分析などのワークロードで性能を発揮する。ハードディスクドライブのようにサーバー正面からアクセス可能なExpressベイにも対応。

 ・スマートな認証

 Trusted Platform Module(TPM)2.0規格モジュールを「HPE ProLiant Gen 9」サーバーに追加することにより、TPMが搭載されたサーバーは、同じTPMによってのみ復号化できる暗号化キーが生成されるため、サーバーへの不正なアクセスを防止する環境が提供される。また、TPMはパスワードや暗号化キーなど、認証情報を安全に保管するMicrosoft BitLockerをサポートしている。

 発表された「HPE ProLiant Gen9」の新製品は次のとおり。

  • HPE ProLiant DL60 Gen9
  • HPE ProLiant DL80 Gen9
  • HPE ProLiant DL120 Gen9
  • HPE ProLiant DL160 Gen9
  • HPE ProLiant DL180 Gen9
  • HPE ProLiant DL360 Gen9
  • HPE ProLiant DL380 Gen9
  • HPE ProLiant ML110 Gen9
  • HPE ProLiant ML150 Gen9
  • HPE ProLiant ML350 Gen9
  • HPE ProLiant BL460c Gen9
  • HPE ProLiant WS460c Gen9
  • HPE Apollo 2000 System/HPE ProLiantXL170r Gen9
  • HPE Apollo 2000 System/HPE ProLiantXL190r Gen9
  • HPE Apollo 4200 Gen9
  • HPE Apollo 4510 Gen9
  • HPE Apollo 4520 Gen9
  • HPE Apollo 4530 Gen9
  • HPE Apollo 6000 System/HPE ProLiant XL230a Gen9
  • HPE Apollo 6000 System/HPE ProLiant XL250a Gen9

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8002 2016/04/27 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング