SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

HP、BTOソフトウェア製品群「HP Software」のSaaSモデルを提供開始

 日本ヒューレット・パッカードは28日、同社が所有するBTO(ビジネステクノロジ最適化)ソフトウェア製品群「HP Software」のSaaSモデル「HP SaaS」の提供を開始した。

 今回発表された「HP SaaS」は、IT戦略・開発・運用というITのライフサイクル全体を管理する「HP Software」製品群のSaaSモデル。一年単位でソフトウェアを利用できる「SaaSタームバンドル」モデルと、顧客が所有するライセンスを同社が預かって運用管理を行う「SaaSサービス」モデルがある。

 どちらも顧客のデータをHPのデータセンターで管理し、24時間の可用性とサポートを提供するほか、専任のテクニカルアカウントマネージャによる教育のサポート、ベストプラクティスの提供、知識移転も行う。これらのサービスにより、企業は迅速で柔軟なITライフサイクル管理環境の導入やコストの削減など、SaaSのメリットを最大限に活かすことができるという。

 「HP SaaS」で提供する「HP Software」製品は以下のとおり。

2008年10月28日提供開始

  • HP Performance Center

    性能検証ソリューション

  • HP Business Availability Center(BAC)

    アプリケーションの性能と可用性を管理する

2009年前半提供予定

  • HP Project and Portfolio Management Center

    IT戦略を支援するポートフォリオ分析とプロジェクト管理を行う

  • HP Quality Center

    アプリケーション開発時の品質管理を行う

  • HP Service Management Center

    ITILベースのITサービス管理を行う

 なお、同社では上記以外のソフトウェアについても順次展開していく予定だ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

緒方 啓吾(編集部)(オガタ ケイゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/808 2008/10/29 12:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング