SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBM、IBM Connectの3製品を無償提供し既存システムのクラウド連携やAPI公開を支援

 無償提供の対象となる製品は、API管理・運用ソフトウェア「IBM API Connect」を中心に、WebSphereユーザーのAPI公開を支援する「IBM WebSphere Connect」や、業務ユーザー向けアプリ連携ソリューション「IBM App Connect」が含まれる。

 「IBM Connectシリーズ」は、オンプレミスの既存IT資産を素早く簡単にクラウドと連携し、さらなるビジネスヒの付加価値を創出するソリューション。このシリーズは、次の製品から構成されている。

 ・IBM API Connect:APIやマイクロサービスの作成、実行、管理、保護を実現する包括的なAPI基盤。従来から提供してきたIBM API Managementの管理・保護機能に加えて、直感的なAPI作成機能、迅速で安定性の高いAPI実行機能を統合し、1つのソリューションでAPI公開に必要な全ての機能を提供する。IBM API Connect Essentialsは、開発用途において無償で提供する。

 ・WebSphere Connect:企業の既存システムにあるアプリケーションとデータのAPI化およびAPI管理を支援するツール。WebSphere Application Serverのユーザーは本番環境において、IBM API Connect Essentialsを無償で利用でき、IBMからのサポートを受けられる。

 ・IBM App Connect:業務ユーザー向けのアプリ連携ソリューション。ブラウザー上での簡単な操作でクラウド、オンプレミス両方のアプリケーション同士を約数分で連携できる。例えば、他社のクラウド環境の在庫情報をスプレッドシートに瞬時に反映したいといった要望に対して、業務ユーザー自身で素早く満たすことができる。

 ・Business Operations Connect:ビジネス・プロセスと意思決定をAPIエコノミーに参加させる新しいオファリング。IBM Business Process Manager、IBM Operational Decision Managerに同梱するIBM API Connect Essentialsを通して、プロセスやルールのAPI公開や、外部APIを利用することが可能になる。

 ・IBM DB2 Connect:企業のホスト・データを、クライアントから直接利用できるようにする拡張性に優れた通信基盤を提供。この機能によりウェブ、UNIX、Linux、モバイル・アプリケーション、IBM z/OS、IBM i上のデータと接続するアプリケーションの利用をより促進する。

 ・IBM DataWorks:データの品質改善とアクセスを目的とする軽量なクラウド・サービス。このサービスを利用することで、データ分析に関わるデータ・サイエンティストのような専門家、開発者、技術者は、クラウドを通じたデータ活用が可能になる。

 ・IBM z/OS Connect:インターフェイスの設計モデルであるRepresentation State Transfer (REST) の呼び出しを使用して、z/OSターゲット・アプリケーションの呼び出しをカプセル化するIBM WebSphere Application Serverの軽量ランタイム「Liberty Profile」機能。z/OS Connect は、REST技術を使用して、資産を識別し、資産にアクセスするための標準的な方法を提供する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8239 2016/07/07 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング